トップへ戻る

もう若くないと感じるべき年齢とは

もう若くないと感じるべき年齢とは

もう若くないと感じるべき年齢とは

  『もう若くない』こう感じた時に人生の全てが変わってくるものですよね^^
  既にそれを迎えた人ならば分かるでしょうが、まだその年齢に達していないという人には、
  さっぱりなことでしょう。

  もう若くないと感じる年齢とは何歳頃か?これが重要なはず。
  これを分っていないと勘違いさんになってしまいますし、
  『年甲斐もなく〜』ということにもなり得るのです。

  女性の中には、『おばさんなのに若い女性の格好をしている人』というのがいますよね。
  どう見ても顔はおばさんなのに、服装だけはやたらと20歳前後の女の子の人。
  このような人って、自分では『イケてる』と思っているのでしょうが、周囲ははっきり言って不気味です。

  こうなってしまうと恐ろしいですし、これが年齢を分っていないということの痛いところ。
  ですので、もう若くないと感じるべき年齢を理解して、痛い女にならないように注意しましょう。

スポンサーリンク


  【もう若くないと感じるべき年齢とは】
  もう若くないと感じるべき年齢とは、25歳くらいからです。
  このくらいの年齢になったら、少なくとも『若い格好はすべきでない』と自覚しましょう。

  25歳というのは、自分自身ではまだまだ若いと感じているはず。また、普通に考えれば全然若い年齢です。
  しかし、『既に学生ではない』というのが決定的になります。

  例えば、ストレートに大学に入った場合、22歳で卒業ですよね?さらに大学院に進学しても、24歳でしょう。
  もちろんそれ以上大学に残る人もいますが、就職を考える人の場合、たいていは24歳くらいで就活をします。

  つまり、学生を基準にした場合、『若い』と見られる年齢というのは24歳までなのです。
  逆に言えば、通常ならば社会人である25歳は、ある程度の落ち着きを持っていなければならない年齢です。

  ですので、もう若くないと感じるべき年齢というのも25歳からとなりますし、
  この年齢になっても20歳前後の気持ちでいるようならば、
  それは『自覚が足りない』ということになりますので、注意が必要ということです。


  恋愛で見た場合、
  『もう若くない』という考え方よりも『年相応』という心掛けが大切なのです。

  10歳代には10歳代だけの魅力があり、20歳代でも、年齢によってそれぞれの魅力があります。

  そうやって、少しずつでも大人の女性になっていけなければ、
  本当の意味での魅力的な女性にはなれませんから、だからこそ『年相応』なのです。

  30歳代でも40歳代でも、綺麗な女性は本当に綺麗です。
  理想はそうやって、『いくつになっても綺麗』ということ。

  それを実現させるためにも『もう若くない』を理解して、年相応の女性になることが大切ですから、
  若作りに拘るのではなく、美人になれるように自分を磨いていきましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6