トップへ戻る

女性も『子供はいらない』に気付くべき

女性も『子供はいらない』に気付くべき

女性も『子供はいらない』に気付くべき

  男性というのは、『子供はいらないものだ』ということに既に気付いているのです。
  現在の日本では、子供を持つことよりも、持たないことの方が圧倒的にメリットが多いため、
  男性は『子供はいらない』という結論に達しました。

  というのも、子供ってできてしまったら最後なのです。
  基本的に、生まれてしまったらその責任から逃れることができませんし、何よりお金がかかります。

  また、時間も自由もなくなってしまうのが子供ですから、
  そんな窮屈な生活をするくらいならば、『子供はいらない』と考えることが普通でしょう。

  『自分のための人生を生きる』これが、人間としての基本のはず。
  それなのに、子供を持ってしまったら、自分のための人生が子供のための人生に変わってしまうのです。
  だからこそ男性は、『子供はいらない』と考えるのです。

  しかしながら女性は、これほど子供を持つことにメリットがない世の中でも、
  それを望む女性が多いですね。


  男性が望まない訳ですから、そもそも作ること自体難しくなってきている訳ですが、
  それでも諦めないのが女性でしょう。

  しかし、『何のために子供を持ちたいと思うのか』これを考えてみることは大切です。
  はっきり言ってしまえば、デメリットばかりなのが子供という存在。

  金はかかりますし、放棄することできませんし、放棄してしまえば責任を問われる訳ですし、
  生まれた当初など、ろくに眠ることもできないでしょう。

スポンサーリンク


  このように、自分を犠牲にしてまで育てなければならないのが子供ですから、
  『本当に欲しいのかどうか』これはしっかり考えるべきです。

  『子供はいらない』という女性もいると思いますが、このような女性って、たいていの場合が強い女性なのです。
  自分自身が強いからこそ、自分一人でも生きていけるからこそ、子供はいらないと考えるもの。
  また、このように強い女性ってたいていが魅力的で、毎日を楽しんでいる女性ばかりです。

  ですので、無意識で無条件に子供を望むのではなく、欲しいと思うのならば、
  目的を持って臨むようにした方がいいのかもしれません。

  特に目的がないのなら、一人でも生きていける強い女性になって、
  自分の人生を楽しんだ方が数十倍も楽しいはずです。

  結婚したいと焦るよりも、結婚は良い人と巡り合ったらすればいいと考えることができた方が自分が楽でしょうし、
  子供に関しても同じ考え方を持つべきでしょう。

  絶対になくてはならないものではありませんし、なければないではっきり言って楽なのが子供です。
  よく『子育ての訓練として、ペットを飼ってみること』と言いますが、人間の子供というのは、
  犬猫とは比較にならないほど手がかかります。

  ですので、そういう部分もしっかり考えた上で、本当に必要かどうかを判断しましょう。
  子供はいらないという考え方。これも重要ですから、生きる上での参考にしてみましょう。


  子育てに向いているかどうかも人次第ですから、むやみやたらと『欲しい欲しい』と考えることは間違いでしょう。
  大量生産すればよい訳ではなく、質より量でもないはずです。

  真面な子供が育たたない限り、どうせ日本の未来などありません。
  ですので、流されずに、本当に必要かどうかを判断しましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6