トップへ戻る

男性が子供を欲しがらない理由

男性が子供を欲しがらない理由

男性が子供を欲しがらない理由

  男性というのは基本的に子供を欲しがらないものですし、
  子供に興味を示すことも少ないでしょう。

  例えばデート中などに、女性が『あの子可愛くない?』とどこかの子供を指さしても
  『ああ』と適当に返事をされたり、
  『そう?俺はそうは思わないけど』と言われたり、
  もしくははっきりと『ごめん、子供に興味ないから』と言われるのでは?

  このように、男性って概して子供に興味がないのです。
  こんなことがよく言われるはず『男は自分の子供が出来た時に初めて子供に興味を持つ』
  それまでは、欲しいとも何とも思わず、
  できるのならいらないとさえ思っているが、『できてしまったから』『自分の子供だから』という理由もあり、
  また、『これが俺の子供か』と思っているうちに、自然に自分の子供にのみ興味を示すのです。

  従って、最初のうちは子供を作ることも『奥さんのため』ですよね。
  男性としては正直子供などいてもいなくてもどっちでも良いが、
  奥さんが『欲しい』と言うから仕方なく手伝うと言ったところ。

  さすがに、子供が出来たのならば、それを放置する男性は少ない訳ですが、
  『可能ならば子供はいらない』と思っている男性も多い訳で、
  女性としては、『男はなぜここまで子供を欲しがらないのか』と疑問に思うこともあるでしょう。

  男性が子供を欲しがらない理由、これっていくつかありますが、大きくは、
  『できてしまったら終わりだから』『自分の人生を生きたいから』これになります。

  子供って、できた時点で『親』となり、その責任からは、
  どうやっても逃れることができないのが日本の法律ですよね。

  男性というのは、何度も書いているように、基本的には子供を欲しがらない訳ですが、
  それはこの『責任』これがまとわりつくからなのです。

  例えば、『子供を作っても責任はありませんよ』『法律上一切無関係ですよ』とこんな法律があったのならば、
  おそらく日本は今、子供で溢れています(笑)

  男性って、子供を作るための行為は好きですし、できるのならば『作ってしまいたい』訳ですから、
  『親としての責任を放棄できる』こんな決まりがあるのならば、男性は大量に子供を作ります。

  つまりは、『作るだけ作って後は知らない』これが許されるのならば、確実に子供は増え続けますし、
  男性が子供を欲しがらないということもないということです。

  しかしながら、現在の日本の法律は『作ったら最後』なため、だからこそ男性は慎重なのです。
  自ら望んで、『できない体』にする人もいるくらい、できてしまうことを避ける男性は多いものです。

  このように、日本の法律では『できてしまったら終わり』と捉えざるを得ないのが現状ですから、
  だからこそ男性は、子供を欲しがりません。
  ですので、男性が子供を欲しがらない事は、ある意味仕方のないことだと捉えましょう。

スポンサーリンク


  もう一つの理由としては、『自分の人生を生きたいから』です。
  これも、『親としての責任が圧し掛かるから』と関係しますが、子供が出来てしまうと、
  結論としては自分の人生を生きることができなくなります。

  男性というのは、いつまでも夢や目標を追いかけていたいのです。
  一つを達成したら新しい目標を立て、それを繰り返し続けるのが男性ですから、責任が圧し掛かる子供という存在は、
  はっきり言って邪魔なのです。

  『子供に夢を託す』と言う人もいますが、これって、『自分で達成することは諦めた』ということですよね。
  そういう人ならばいいのでしょうが、ずっと現役でいたい人もたくさんいます。

  ですので、そんな男性の気持ちを察してあげることも大切ですから、女性は『子供!子供!』と騒がないようにして、
  本当の意味での『授かりもの』と捉えるようにしておきましょう。


  結婚したからと言って、『絶対に子供を作る』などおかしな話。
  たいていの場合、子供を望むかどうかは結婚前に考えることなのでしょうが、
  男性って、いらないものは本当にいらないので、
  結婚してから『やっぱり欲しい』これは通用しないことを覚悟しましょう。

  『子供がいなくても楽しく生活できる』これが理想です。
  幸せの基準は人それぞれですから、自分だけの幸せを見つけて、毎日を楽しくいきましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6