トップへ戻る

男性が『一人の方がいい』と感じる瞬間

男性が『一人の方がいい』と感じる瞬間

男性が『一人の方がいい』と感じる瞬間

  男性には、『この女と結婚するくらいならば一人の方がいいな』と感じる瞬間があるのです。
  男性にとって、恋愛と結婚って全くの別物ですから、
  『交際はできても結婚はできない』こんな女性が普通に存在します。

  ですので女性は、
  『交際が継続しているから、交際が長いから』そんな理由で結婚もあるとかは考えない方が自分のためですから、
  男性にとって結婚とは何かということを理解して、結婚したい女になりましょう。

  『一人の方がいい』男性がこれを感じる瞬間とは、
  『自分のことばかりペラペラと話す女』『自分の幸せばかりを考えている女』
  『かまって欲求が強い女』『上から女』などが当て嵌まります。
  要するに、一緒にいて癒されない女と結婚するくらいならば、『一人の方がいい』と当然思うのが男性なのです。

  交際ならば、会っている時だけですし、その目的も肉体関係と限定されたものである可能性も高まります。
  男性にとっての交際とは、『この女性は結婚に相応しい女か』これを判断するための審査であり、
  また、肉体関係を楽しむための時間でもあるのです。

スポンサーリンク


  そのため、結論としては『交際というものを、それほど真剣に捉えていない』これが男性の心理です。
  ですがそこに、結婚が入ってくると変わるのです。

  結婚してしまえば、男性であっても一人の女性に絞らなければならない訳ですし、
  その女性と一生を共にすることになります。

  そうなれば、少しでもストレスを感じるような女性となど一緒にいる訳にはいかないのが男性ですから、
  相手選びには慎重になります。

  特に、上述した一人の方がいいと感じさせるような女性の場合、
  『自分が幸せになるために結婚する』という目的がはっきりしています。

  『女性のための結婚』そんな意図がはっきりしているからこそそれが不快な訳であり、
  また、実際にそのような女性と関わっていても、癒されることなどありませんし、
  苦痛なだけなのが男性なのです。

  ですので、男性が結婚したいと思う女性になりたいのならば、
  『どうすれば男性が幸せか』これを考えるようにしましょう。


  『一人の方がいい』交際相手に結婚相手としての魅力を感じることはできず、
  一人を望む男性は多いのです。

  それでも男性が別れないのは、単純に『自分には彼女がいる』という見栄と、
  『一応肉体関係を持てる相手がいる』という保険のようなものです。

  男性自身、面倒くさいと感じながらも交際を続けていることもありますから、それは注意しましょう。
  自己主張が強い女性は基本的にダメです。

  『一人の方がいい』こう思われないで、この女性と結婚したいと思われる女性になるためには、
  とにかく男性のことを考えることです。
  それができれば結婚もありますから、相手のことを想う気持ちを大切にして、結婚を掴み取りましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6