トップへ戻る

一人が好きな男性心理

一人が好きな男性心理

一人が好きな男性心理

  『結婚をすると、帰宅した時に家に人がいるのが嬉しい』こんなことがよく言われますよね?
  『パートナーが出迎えてくれるということ』これが結婚の醍醐味だという人も多いでしょう。

  一人暮らしの場合、帰宅しても当然一人であり、話し相手がいる訳でもなく、
  何もかもが一人なため、それを『寂しい』と感じる人も多いはず。
  これは、男女どちらもが感じることなのではないでしょうか?

  しかし、当然ですがこれは人によるのです。
  ですので、『帰宅した時に人がいる』これを、『誰もが望むこと』とは考えないことです。

  人によっては『帰宅した時に人がいる』これをウザい・疲れる・ストレスだと感じる人もいる訳で、
  『一人こそ最高』と考える人だってたくさんいます。

  ですので、『帰宅した時に人がいる』これが万人が望むことであるかのように捉えてしまうと、
  それは、間違った捉え方となるため、
  一人が寂しいと考える人もいれば、一人じゃないと落ち着かない人もいるということをしっかり理解しましょう。

スポンサーリンク


  特に男性の場合、朝から晩まで働きに出ているのなら、
  『家の中では一人になりたい』こう考えることも多いのです。


  一人になりたいと思うのか、人がいる方がいいと思うのかは、
  はっきり言って女性の性格によるところがあります。

  例えば、こんな妻だったら絶対に男性は一人を選びます。
  『男性が帰宅すると同時に今日の出来事を1〜10まで詳細に延々と話す』

  男性って、基本的に『女の今日の出来事』に興味がありませんから、
  疲れて帰ってきたところにそんな話をされたのならば、余計に疲れるだけです。
  つまりは、『外でも仕事をして家の中でも仕事』こんな状態になるくらいならば一人の方が全然良いのです。

  一方、基本的に聞き役になる女性が相手ならば、『結婚もありかな』と考えるのが男性。
  無駄なことは一切言わずに、男性が疲れていることを察して、話を聞いてくれる女性。
  こんな人ならば『帰宅した時に人がいる』この喜びを感じ取れます。

  女性によっては、
  『旦那が帰宅した時に思いっきり話さなかったらいつ話すの?』と考える女性もいるでしょう。

  しかし一方で、『帰宅直後は疲れているし、明日も仕事。だから今は聞き役になろう』と考える女性もいるのです。
  要するに、自分を主体にするか相手を主体にするかの違いです。
  また、『どちらの方が重要か』これを考えられる女性とも言えます。

  この状況ならば、はっきり言って女性が今日の出来事を話すことなどどうでもいいことでしょう。
  旦那の疲れを癒すことや、明日に備えることの方が重要ですから、
  聞き役になれる女性の方が賢いと考えられます。


  男性にとって結婚をすることって、上記のような2択となるため賭けでもあるのです。
  交際中にある程度見抜くことができますが、
  それでも、結婚を機に変わる女もいますから、そんなリスクがあるのなら、
  一人の方が全然良いのが男性なのです。
  ですので、男性にとってメリットのある女性になることが、結婚したいのならば重要です。

  男性をより疲れさせるような女は論外ですから、癒せる女になって結婚を成立させましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6