トップへ戻る

男性が独身に拘る理由

男性が独身に拘る理由

男性が独身に拘る理由

  男性の中には、『とにかく独身に拘る』という人もいますよね。
  『交際はしても絶対に結婚はしない』『結婚したら負け』くらいの男性もいるでしょう。
  男性というのは、なぜここまで独身に拘るのか?

  男性にとって結婚とは、メリットがないものなのです。
  そのため、『結婚したら終わり』と考える男性も少なくはありません。

  そもそも、現在の日本では、
  『男が女を支える』という結婚スタイルが定着していますし、結婚すれば扶養義務発生し、
  また、結婚した時点で、財産も共有になることが多いでしょう。

  そのため男性としては、『結婚にはメリットが感じられない』と考える人が多いのです。
  例えば、『女性が高収入』とか『特殊な資格を持っている』などなら、
  男性としても結婚のメリットを感じられることもあります。

  高収入の女性と結婚すれば、男性が養う必要もありませんし、
  基本的には今まで通りに自分のためだけに金を使える訳ですから、
  それならば結婚もありとなります。

  また、弁護士や医師といった専門職の女性ならば、たとえ収入が低くても知識や技術だけで十分役に立ちます。
  それならば、『養うだけの価値がある』と言えるでしょう。

  このように、
  男性としては『結婚するのならば自分にもメリットが欲しい』こう考えることが当たり前なのです。


  しかしながら、近年の女性にはそのメリットがないことが殆ど…。
  たいていの女性が、『自分が安定・安泰したいから結婚する』という女性ばかりであり、
  だからこそ男性は、『それならば』と独身に拘るのです。

  ですので、近年男性が独身に拘ってしまうことは仕方のないことです。
  男性だって、自分の生活費を削ってまで、自分の自由を犠牲にしてまで結婚しようなどとは思いません。

  女性が、自分の力で生きようとしないからこそ男性が独身に拘るようになっているのです。
  従って女性は、自分の力で生きる必要がありますし、
  また、そうやって生きられる女性こそが結婚できる女であることを理解しなければなりません。

スポンサーリンク


  【男に頼ることが間違い】
  そもそも、この男女平等の時代に男に頼ることが間違いなのです。
  『男女平等』これを先に受け入れたのは男性です。
  だからこそ、独身に拘ったり、今までのように不要に優しくしたりはしなくなりました。

  『男女が平等ならば、全てにおいて対等であるべき』ですので、
  『女は男に頼るもの』こんな考え方は持つべきではありません。

  女性が『女は男に頼るもの。それを受け入れない男が悪い。近年の男は情けない』
  こんな考え方を持っている以上男性は独身に拘りますし、
  また、結婚できるのも高収入の限られた女性のみとなります。

  『男は女を養うためにいるのではない』これを理解して、自分の力で生きられる女性になりましょう。


  近年の女性って、平等を主張する割には都合の良いところで男尊女卑に戻りたがるのです(2013年現在)
  『職場での、力仕事は男がやるべき』と思っていることも良い例ですが、
  男女が平等ならば、『きつい・汚い・危険』これだって平等ですし、
  『男に守ってもらう』こんな考え方は甘いです。

  近年の男性って、どんどん恋愛への興味を無くしていますよね?その原因の一つが『過剰な男女平等化』ですから、
  それをしっかり理解して、結婚できる女性になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6