トップへ戻る

男性は添い寝に耐えられるか?

男性は添い寝に耐えられるか?

男性は添い寝に耐えられるか?

  『男友達と添い寝すること』仲が良ければこんな状況もあるとは思います。
  男性というのは、こんな状況に耐えることができるのか?

  これが恋人同士ならば、耐えるもなにも、『したければする』となるが基本でしょう。
  しかし、男女の友達という関係性だった場合、基本的にはNGですよね。
  だからこそ、耐えられるかどうかがテーマとなるのです。

  例えば、終電がなくなって男友達とホテルに泊まった時、同じベッドに寝たのなら、
  添い寝をする可能性もないとは言えません。

  そうなれば男性は本能的に『オス』ですから、気持ちが高まってくるものですし、したくなるのは当たり前なのです。
  従って、そわそわしだしたり、あの手この手でやろうとしたりもするもの。

  ですが、女性にとって男友達とは、『純粋な友達』であることが殆どでしょう。
  そのため、添い寝をするような仲であっても関係は持たないことが殆ど。
  そのため男性としてはフラストレーションがたまる一方となり、限界が訪れるのです。

  ですので、『男性は耐えることができない』これが答えとなります。
  従って、男友達と添い寝をするような状況になったのならば、その時は女性もするつもりでいましょう。

  たとえ友達であっても、それはマナーとも言えますから、一緒に寝るのなら、また添い寝をするのなら、
  『男女の仲になることがマナー』これを受け入れましょう。

スポンサーリンク


  【男性が我慢できる状況とは】
  それでも、男性が我慢できる状況というのがあります。
  それが、『事前に止められている』という場合です。

  女性の方からダメと言われていたのなら、さすがに男性も我慢します。
  友達の女性から止められているのに、
  それでも我慢できずに強引にしてしまう男性というのは滅多にいませんから、その点は安心しましょう。

  ただし、ダメの言い方は重要です。
  完全拒否するような言い方をしたのでは、
  男性としては『ならばなぜ一緒に泊まった?』となり、その後の関係性も崩れます。

  ですので、ダメを言うにしても、
  『我慢して』とか『ダーメ』くらいにしておかないとその後の関係に影響しますので、
  その辺は、男性を否定しないように、また完全に拒むのではなく、
  『今日はダメ』と伝わるような言い方にしておくことが無難ですので、工夫して男性を我慢させましょう。


  基本的には、『関係を持てない男とは泊まらない』これが鉄則です。
  こんなことは常識ですが、女性の中にはこの常識がない人もいますね。
  男性というのはいつでもやりたい訳ですから、それは理解しましょう。

  『泊まるのならばする』『添い寝はOKサイン』このくらいの気持ちがないと、
  男女関係など成立しませんし、男友達との関係性も崩れます。

  女性にだって、『恋人ではないけれど、肉体関係OKな相手』というのがいるでしょう?
  つまり、許容範囲の男です。

  そんな許容範囲の男に対しては積極的になることも大切ですから、
  あまり頑なになり過ぎないようにして、楽しむ時は思いっきり楽しみましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6