トップへ戻る

男友達と一線を越えた後の対応

男友達と一線を越えた後の対応

男友達と一線を越えた後の対応

  『仲が良い男友達と一線を越えてしまうこと』これもあり得ないことではないですし、
  仲が良ければ良いほど一線を越えてしまう可能性は高まると考えられるものです。

  男女の友達であっても、
  その関係性次第ではお互いの家に泊まったり、終電がなくなればどこかに泊まるなど、
  一緒に旅行に行ったりもする訳ですから、
  そうなれば、一線を越えることなど普通にありますし、むしろない方がおかしいでしょう^^

  ですので、男友達と一線を超えてしまうこと、これは普通のことであり、
  また仕方のないことであると考えて、問題はその後の対応です。

  その後にどうやって対応していくかが重要ですから、一線を越えてしまったのならば、
  慎重な対応を心掛けましょう。

スポンサーリンク


  【理想的な対応とは】
  お互いに友達という感情のみで、好きではないのなら、そのまま友達を続けることが理想です。
  ただし、一線を越えたということを闇に葬ることは得策ではありません。

  二人にとってタブーができてしまうと、それがもとで気まずくなり、友人という関係性も崩れてしまいます。

  従って、敢えてオープンな関係を築き上げるのです。
  つまり、肉体関係があったことも笑い話にできる関係を目指すということ。

  これができれば理想です。

  例えば、『友人でありながら、肉体関係もある』こんな関係性だったのならば、
  『真の何でも話せる仲』だとは思いませんか?

  男友達と親友だとはいえ、性に関しては話しづらい部分があるでしょう。
  ですので、敢えて一線を越えたことを利用して、今まで以上の関係を築くのです。

  そのためには、定期的に関係を持つことも重要となってきます。
  異性の友達で一線を越えてしまった以上、そのままそれをなかったことにするというのは難しいのです。

  ですので、超えてしまったのならばそういう関係になることが理想的ですから、
  『本当の意味での何でも話せる仲になる』と考えて、前向きにとらえるようにしましょう。

  最悪な対応は、先ほども触れましたが『なかったことにする』というものです。
  それをしてしまうと、どうしても気まずくなって、友情が崩れてしまうのです。

  ですので、男友達と一線を越えたのならば、そういう関係になることを受け入れて、
  それを楽しんでしまいましょう。


  どちらかが片方を好きな場合、この場合は、一線を越えた時点で友達終了にするべきです。
  その後も友人を続けていたら、完全に利用されるだけとなりますので、
  『気持ちがある場合は終わり』これを受け入れて次に進めるようにすること。

  いずれにせよ、男友達と一線を超えた際には、『自分の気持ちはどうか?』ということが大切になりますので、
  友達を続けたいと思うのならば発展的な関係を望むようにして、より深い関係を築いていきましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6