トップへ戻る

デートは最初が肝心

デートは最初が肝心

デートは最初が肝心

  デートというのは最初が肝心であり、それ次第で恋愛になるか友達になるかが分かれる訳ですが…。
  それは分かっていても、『失敗したらどうしよう』こんな感情が邪魔をして、
  なかなか発展させられないこともあるのではないでしょうか?

  例えば、『ここで手を繋いでしまえば男性との距離を縮められるはず』こんな決定的な瞬間があっても、
  『失敗したらどうしよう』と勇気が持てずに、手を繋げないことってありますよね。

  また、手は繋いでいる状態でも、そこからどう発展させていいのか分からなかったり、
  相手がキスしようとしていることを感じ取ったら、
  敢えてそれから逃げてしまうなど、発展することを恐れてしまうことってあるでしょう。

  しかし、それをしてしまうとデートって駄目になるのです。
  『失敗したらどうしよう』このような気持ちがあると、そもそもデートは上手くいきません。
  こんな気持ちを持っていることは、結論から言えば時間の無駄でしかありません。

  要するに、『失敗したらどうしよう』と恐れて前に進めず、
  その分デートだけを重ねてしまい、結果的に交際することができなかったとなったのならば、
  何も得ることができないでしょう。

  ですのでデートをする際には、『失敗してもいい』このような気持ちを持つことが大切なのです。
  例えば、『手を繋ぐタイミングかな』と思い、男性の手を握ったら、
  男性はそうではないという反応だった。

  こんなことがあったら、女性としてはショックですよね?
  しかし、はっきり言って『それならば仕方がない』というもの。

  『自分がイケると思ったタイミングで発展させようとして、
  それがダメだったのならば諦めるしかない』これがデートです。

  そうでないと、デートではベストなタイミングなんてありませんし、
  待っているだけでは幸せになることもありません。

  ですので、失敗したらどうしようなどと考えていたら、そのぶん時間の無駄なんです。
  自分が良いと思ったタイミングで相手に対して積極的になること、これができれなければ、
  何度デートをして友達どまりになるだけですから、
  せっかくデートをするのなら、勇気を持って男性と接するようにして、結果を出すようにしましょう。


  デートは最初が肝心です。
  最初の頃に、どれだけ相手との距離を近づけられるか、またその近付けた距離を保つのではなく、
  それ以上近づけようと努力するか。
  これも重要です。ですので、デートって止まったらダメです。

  『お互いに良い感じになったまま交際には至らない』こんなことも良くあるように、止まったらそれで終わりです。
  『前進あるのみ』これがデートの基本ですから、勝ち組の恋愛ができるように、とにかく積極的になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6