トップへ戻る

デートは3回目までが大切

デートは3回目までが大切

デートは3回目までが大切

  『いいなと思ってデートをしたが、気が付いたら友達になっていた』このようなことってよくありますよね。
  恋愛に発展するか友達になってしまうか、これは紙一重なところであり、決して相性の問題ではないのです。

  つまり、デートのテクニックさえあれば、
  どんな相手とでも恋愛に発展させることができ、またどんな相手とでも、
  友達どまりにさえすることができるのです。

  『デートは3回目までが大切』これを守ることが、恋愛に発展させるためのルールです。
  3回目までにある程度の結果が得られれば、そのまま恋愛に発展しますし、
  結果が得られなかった場合には、友達どまりになる可能性が高いということ。

  ですので、『デートは3回目までが大切』これを心掛けて、恋愛に発展させましょう。

  具体的には、身体的な距離を近づけるということです。
  例えば、『初デートで手を繋ぐ』『2回目のデートでキス』『3回目のデートで…』などのように、
  デートを重ねるごとにグレードアップしていくことです。
  そうすることで、男性は女性に夢中になりますから、恋愛への発展率が高まるのです。

  手を繋ぐこともキスをすることも、するのは男性の役目でしょう。
  しかし、OKサインを送るのは女性の役目なのです。

  例えば、男性が手を繋ぎたくても、女性がずっと腕を組んでいたのなら、繋ぐことはできませんよね?
  冬場なら、ポケットに手を入れられてたらやはり繋げませんし、
  また季節に関係なく、女性が男性と一定の距離を保って歩くようならば、体が密着しないため繋げません。

  男性は基本的にスキンシップを求めますから、デートにおいては『後は女性次第』となります。
  ですので、女性が『この男性いいな』と感じたのならば、積極的に密着するなどして、
  手を繋いでよいというサインを送るのです。

  そうすれば男性は手を繋ぎますし、まずは『手を繋ぐ』ということができたのならば、次への発展もあるため、
  これはとても重要なプロセスとなるのです。

  また、この『手を繋ぐ』という行為ですが、これはできれば初デートでするべきなのです。
  というのも、男性は初デートで次の有無を探っています。
  初デートがダメだと感じたのならば、当然次はありませんから、初デートでは、確実な結果を残すべきなのです。

  手を繋いでしまえば、それは確実な結果となりますから、そうなれば次のデートに誘いやすくなります。
  ですので、『手を繋ぐのは初デート』これを心掛けて、繋いで良いというサインを送るようにしましょう。


  デートというのは、時間が経てば経つほど恋愛への発展率が下がります。
  毎回食事のみという二人が、急に恋愛に発展することなどあり得ませんから、
  どこかで展開が必要なのです。

  しかし、関係が長くなると、その展開を作ることが難しくなります。
  だからこそ、デートは3回目までが大切となります。

  『3回目までに結果を出すこと』これが重要ですから、それを心掛けるようにして、
  時間の無駄だけはしないようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6