トップへ戻る

2回目のデートがない理由

2回目のデートがない理由

2回目のデートがない理由

  男性からデートに誘ってきたにもかかわらず、2回目のデートがないということ。
  こんな経験をした女性も多いのではないでしょうか?

  『男性からデートに誘ってきたのだから、私のことが好きなはず・私とデートしたかったはず』
  このように捉える女性も多いでしょうし、
  実際に男性も、初デートの時点では、当然その女性のことが気になっていたりデートしたかったのです。

  2回目のデートがない理由は、『初デートで幻滅したから』これに尽きます。
  女性は勘違いしがちなものですが、男性から誘ったにしても、
  男性だってその女性を審査しているのがデートというものです。

  これを勘違いして、
  『私はデートしてあげている』『時間を割いて仕方なく来てあげた』こんな女性もいるものですが、
  このような考え方だと、『2回目のデートがない』という状況に陥りやすいのです。

  ですので男性からデートに誘われた際には、
  まずは『本当に行きたい相手かどうか』これを判断することが大切です。


  『本当は微妙だけど奢ってくれるだろうから行っておく』このくらいの気持ちでいくと、
  2回目のデートがない女となり、結果的に女性自身が恥をかかされることになりますので、
  『行きたいかどうか』この気持ちを大切にするようにしましょう。

スポンサーリンク


  【楽しんでいれば2回目はある】
  基本的に、そのデートを楽しんでいれば2回目のデートもあるものです。
  男性って、『女性がデートを楽しんでいるかどうか』これを重視しますから、
  『つまらなそう』『上から』などの要素がなければ、取りあえず次も誘います。

  しかし、次のような女性が相手だと、近年の男性では『2回目のデートがない』ということになり得るのです。
  それが、『男性が奢ることが当たり前』という考え方の女性。

  一昔前ならば、男性が女性に奢ることは当たり前だったでしょう。
  しかし、近年はそうではありません。
  そのため、男性もお金に関してはシビアになっていますし、
  『女性に奢ることの必要性』これに疑問を感じている男性も多いのです。

  従って、男性が奢ると言ったからといって、
  素直に奢られてしまうようでは2回目のデートがないということもあり得ます。

  奢ると言われても、そこで断れる女性ならば、
  『この女性はしっかりしている』と見られますから、そんな女性ならば次もあります。

  反対に、男性の奢りに素直に応じてしまう女性は、
  『今後が大変そう』『奢りが当たり前だと思っている』と思われがちなもの。

  そう捉えられてしまうと、
  確実に2回目のデートはありませんので、奢りが当たり前という考え方は持たないようにしましょう。


  デートって、どちらが誘ったとかには関係なく、双方が楽しむものです。つまり、関係性は対等なのです。
  従って、それを理解できていない女性だと、2回目のデートがないと考えられます。

  『自分が誘われた立場だから』と上からになってしまう女性は多いですが、
  それならば行かなければ良いだけのこと。

  男性も、来たくて来たのか、そうではないのか、そのくらいのことは感じ取れますので、
  本当に行きたいと思った時にだけ行くようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6