トップへ戻る

『男は女を大切にする』は過去の話

『男は女を大切にする』は過去の話

『男は女を大切にする』は過去の話

  『男は女を大切にする』これって、恋愛では基本とされていたことですよね。
  女性としては、自分を大切にしてくれる男性のことを信用し、
  そんな人だからこそ心も体も許せるというものでしょう。

  しかし、男女が平等となった現在では、その基本や常識というのは過去の話となったのです(2013年現在)

  今までは、確かに『男は女を大切にする』というのが当たり前でしたし、男性もそれを受け入れていました。
  また、『男は女を大切にする』これができない男性など、女性としては恋愛対象外だったでしょう。

  しかし、男女平等となった現在では、そんな男性を恋愛対象外にする女性こそが、
  『男性から恋愛対象外にされる女』ですので、注意が必要です。

  近年の男性は『男は女を大切にする』これに違和感を感じているのです。
  というのも『女は男を大切にしないから』です。


  男女が平等の世の中で、なぜ男性だけが、
  『男は女を大切にする』こんなルールを持たなければならないのか?このように感じています。

スポンサーリンク


  近年では、『恋愛に興味がない』こんな男性も多いでしょう。これは、決してダメな男という訳ではありません。
  むしろ、『女を見捨てた男』というものであり、自分達の都合で権利や立場ばかりを主張する女性に見切りをつけて、
  『日本の女には興味ナシ』このように考えるようになったのです。

  実際に、海外の女性というのは、日本の女性のように上からでは無かったり、
  上からならば上からなりに、自分のことは自分でするというしっかりした女性なのです。

  一方で日本の女性は、都合の良いところで男女は平等だとうったえ、
  自分達が不利になる場面では『女は弱いから』『男は女を大切にするもの』とアピールするため、
  それでは男性が飽きれてしまうことも仕方ありません。

  要するに現在の女性って、『全て自分の都合のみ』なのです。だから男性に嫌われますし大切にもされません。
  平等を主張するのなら、男は女を大切にするという考え方も持たないはず。
  しかし現実はそうではないでしょう。

  その自分勝手なところが男性から反感を買う訳ですから、
  そういう部分を直していかないと、今後益々男性は恋愛や日本女性に興味を無くしますので、
  『本当の意味での平等』これを理解して、
  『大切にされたい・大切にされるのが当然』こんな考え方は持たないようにしましょう。


  男性を選ぶ際の基準が、『自分を大切にする男性かどうか』これは間違っています。
  平等になる前の時代ならば、それによって『養ってもらえるかどうか』が決まりますから、
  それでよかったでしょう。

  しかし現在では、そもそも『男性に養ってもらう』という考え方自体おかしいですし、
  そんな考え方でいられたのならば、男性は不快です。

  『平等ならば自分で生きろ』これが男性の考え方。
  男女平等は女性が望んで招いた時代。ならば、女性が考え方を変える必要があります。

  そうでないと恋愛などできませんから、『男は女を大切にするもの』こんな間違った理想は捨てて、
  現実的になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6