トップへ戻る

嫉妬深い性格を直す方法

嫉妬深い性格を直す方法

嫉妬深い性格を直す方法

  『交際をするとどうしても嫉妬してしまい、相手を束縛したり無理を押し付けてしまう』
  こんな恋愛をする人もいるのではないでしょうか?

  嫉妬というのは、一度してしまうとなかなか治まることがありませんし、何より自分自身が苦しいものでしょう。
  また、『私がこれだけ伝えているのにどうして分ってくれないの?』こうやって感じることもあるのでは?
  自分の気持ちを相手が分かってくれないことは辛いですから、嫉妬に苦しむことというのは大変なことでしょう。

  嫉妬深い性格というのは、『相手への愛情が強すぎるから』と思われがちなものですが、実際には違います。
  好きになり始めた最初の頃って、純粋に相手の幸せが自分ことのように思えたものではないでしょうか?

  例えば、『好きな人が部活で結果を出したら自分も嬉しい』とか
  『好きな人が仕事で成功したら自分も嬉しい』などのように、『幸せを共感できること』これが愛情だったはず。

  しかし、その愛情の方向が、いつしか独占的なものに変わり、
  『他の女の子とは話さないでほしい』とか『女の子がいる飲み会には行かないでほしい』などのようになり、
  またそうやって相手を支配する感情こそが『愛情である』と勘違いしてしまっているでしょう。

  実際には、相手を支配する感情って愛情ではないのです。
  なぜなら、それによって相手の笑顔や楽しみを奪うからです。


  『好きな人にはいつでも幸せでいて欲しい』こうやって考えられることが純粋な愛情ではないでしょうか?
  『いつでも幸せでいて欲しい』そう思えたのならば、
  嫉妬することにより相手を束縛したり、自分の感情によって相手の行動を制限するようなことはしないはず。

  さらには、『自分と一緒にいることこそが相手にとっても幸せなはず』こうやって考えることも間違いなのです。
  確かに、『恋人と一緒にいること』これも幸せの一つです。しかし、人生の幸せは恋愛だけではありません。

  恋愛以外にも、自分一人の時間を大切にしたり、趣味をしたり、仕事をしたり、友人と過ごす時間も大切なのです。
  また、これら全てが個人にとって『幸せだ』と感じるために必要な時間です。

スポンサーリンク


  ですので、それを妨げるような行為をしてしまったのならば、
  それは『愛している』とは言えないということになります。

  このように考えていけば、嫉妬深い性格を直す方法って簡単だと思います。
  要するに考え方次第なのです。『愛情』というものをどのように捉えるか、これが重要になります。

  自分の譲れない部分はしっかり持っておきながらも、相手が幸せでいるのならば嬉しいと思えること。
  このように考えることができたのならば、嫉妬深い性格など直るはずです。

  例えば、彼氏が自分以外の女性と楽しそうに話していたとしても、
  それだけでは浮気に繋がるとは限らない訳ですし、発展するという根拠もない訳です。

  それでも、『自分以外の女性と楽しそうに話している』ということに嫉妬してしまったのならば、
  それでは相手を制限し幸せを奪うことになります。

  ですので、こんな時は『彼氏が楽しそうで良かった』と捉えることです。
  これができれば、嫉妬深い性格など直りますから考え方を変えて、自分も楽になりましょう。


  嫉妬というのは、恋人以上に自分を苦しめるものです。
  また、嫉妬する恋愛というのは疲れるばかりですから、できるのなら改善した方がいいでしょう。

  嫉妬深い性格というのは努力で直ります。
  考え方や捉え方を変えれば直すことができますから、楽しい恋愛をするためにも、嫉妬を改善しましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6