トップへ戻る

サラダの取り分けは女の仕事?

サラダの取り分けは女の仕事?

サラダの取り分けは女の仕事?

  『サラダの取り分け』男性と食事に行ったりデートをしていれば、このような状況って必ずありますよね。
  このサラダの取り分けですが、これは男女どちらがするべきなのか?また、どちらがした方が良いのか?

  『男性がした方が紳士的』という意見もあるでしょうし、『女性にして欲しい』という男性の見解もあります。
  しかしこのサラダの取り分けに関しては、『女の仕事である』というのが、
  一つの考え方として成り立っているのです。

  食事の場面というのは、そのまま『どれだけ料理に携わってきたか』これが現れる場面でもあります。
  従って、幼い頃から母親を手伝い、料理をすることに慣れている女性ならば、
  無意識に体が反応してサラダを取り分けるはず。これが男性の見解なのです。

  反対に、サラダが出てきてもボーっと取り分けてくれるのを待っている女性は、
  『普段からしてもらっている』という証拠。
  つまり、料理の経験がない女性と判断されてしまうのです。

  このように、サラダの取り分け一つで、
  男性は『この女性は料理ができる』『この女性は料理ができない』ということを判断しますので、
  『男性が取り分けた方がスマート』『男性にしてもらいたい』と考えることよりも、
  自分の評価を落とさないためにも、積極的に取り分けた方が良いということになるのです。

  また男性は、デートでも『食事に関しては女性にリードしてもらいたい』と思っています。
  女性の中には、『デートの日は一日男性にリードされたい』と、100%受け身の女性もいるでしょうが、
  それでは『この女性はないな』と思われます。

  男性って、しっかりした女性が好きですから、甘えるだけの女性ではダメなんです。
  ですので、『食事の時にはリードする』これを心掛けることと、
  その手段の一つとして『サラダの取り分け』ということには、積極的になりましょう。

スポンサーリンク


  【料理できないことはマイナス】
  近年では『料理ができる女性』ということだけでは結婚にとってプラス要素にはなりません。
  しかし、『料理ができない女』と思われた場合、それは確実にマイナスなのです。

  料理ができないと思われることは、『家事をしないだらしない女』こう思われることだと理解しましょう。
  つまり男性は、『最高級の料理は求めないが、一般的には何でも作れる女性を求める』というものですから、
  『出来ない』と思われてしまったのならば、それは論外な女となるのです。


  サラダの取り分けをするかどうか、これ一つで女性の評価はここまで分かれてしまいます。
  男性に取り分けをさせてしまうようではダメですから、男性がする前に進んですることです。

  どれだけ時代が変わっても、『家事ができない女』これが受け入れられることはありません。
  料理というのは家事の基本です。またそれによって女性自身の印象も変われば、評価にも響きます。

  実際には料理ができなくても、取り分けをするだけで好印象となりますから、
  見せるところでは見せるようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6