トップへ戻る

関係を断る際の心構え

関係を断る際の心構え

関係を断る際の心構え

  男性から関係を求められた際、
  それを断るのならば『それなりの心構えがいる』ということは理解しておきましょう。

  女性としても、様々な理由で断るものだと思います。
  『付き合って日が浅い』『相手のことが信用できていない』『恋人ではないから』など、
  関係を求められても応じられない時もあるでしょう。

  しかし、男性が関係を求める時って、それなりの理由がある時です。
  少なくとも『強引』ではないのですし、『女性にもその気があるはず』と思っていることが殆どです。
  そのため、そこで断られると、男性としては意外な感じがするのです。

  また、その相手が恋人ならば、『なぜ?』とも思います。
  従って、断るのならばそれなりの理由が必要ということは最低でも頭に入れておきましょう。

  そもそも、関係を断るということは、『信用を失う』ということになります。
  逆の立場で考えてみれば分かり易いはずでしょう。

  女性が誘った立場で、それを男性が拒んだのならば、女性としては『恥をかかされた』と思いませんか?
  男性もこれは同じですし、『自分のことを信用していないんだな』と感じるのです。

  ですので、断るのならば『嫌われる覚悟』が必要ですし、それが恋人ならば、
  『それによって別れることになるかもしれない』ということも、
  十分に理解しておきましょう。

スポンサーリンク


  【その後普通にはあり得ない】
  女性が関係を断ったにも関わらず、その後今まで通り普通の関係が築けると思ったら大きな間違いです。
  上述した通り、関係を断ることは、『女性が恥をかかされた』と感じることと同じですから、
  男性だって接する態度が変わってしまうのです。

  今までが仲の良かった友達だとしても、その後は完全に他人として接することもあります。
  要するに、男性にとって関係を断られるということはそれだけ大きな衝撃を受けることなのです。

  ですので、余程の理由がない限り断るべきではありませんし、また断るのならば、
  男性が納得できるだけの理由を伝えること。
  これが大切になってきますので、それを理解した上で男性と接しましょう。


  男性の気持ちを何も考えずに関わる女性が多いものです。
  女性って、自分が断られた時には『恥をかかされた』と言いますが、
  男性が断られてその後態度を変えたら『感じが悪い』と騒ぎますよね^^
  それは女性のわがままでしょう。

  男性だって恥をかかされたと思いますし、関係を断るような女性となど、
  その後も普通に関わる気などないのです。

  ですので、求められたのならば
  『男女の仲になるか』もしくは『友達を終えるか』このどちらかだと考えましょう。

  女性にとって都合の良い解決など、現実的にはありません。
  それは理解しておいた方がいいですから、その上で慎重な判断をしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6