トップへ戻る

女は言い返さないべき

女は言い返さないべき

女は言い返さないべき

『男性に何を言われても女性は言い返さないべき』とこんな考え方があります。
というのも、『男性は女性に殴られても殴り返してはならない』とこんな暗黙のルールがありますよね。

これは『男の方が力が強いから』というものでしょう。
それならば、『女の方が口が強い』これが一般論ですから、『女は言い返さないべき』となるのです。

男女関係における考え方って、往々にして『女優先』『女の都合』であることばかりなのです。
殆どのルールを女性が決めたのではないだろうかと言えるくらい、女性の都合で成り立っているものが多いのです。

スポンサーリンク


しかし近年は男女平等の時代です(2014年現在)
そうなれば、『女性の都合』というのはおかしいでしょう。
男女が平等ならば、『男だから我慢しろ』ということなどありませんから、女性もそれは理解するべきとなります。

例えば、離婚の慰謝料に関しても、『女性はしっかり貰う』となりますが、『男性がしっかり貰う』となった場合、
非難されることが多いのではないでしょうか?

最近ではようやく『男性がもらうことも当たり前』となってきていますが、
一昔前ならば『男は慰謝料は貰わないのが当然』などのようなおかしな決まりを女性が勝手に作っていたでしょう。

また女性は『職場では男女平等だけど、それ以外のところでは今まで通り男性は女性に優しくするべき』と考えていますね。
しかしこれはあり得ないのです。というのも、全ての基準は『職場がどうか』ということから成り立っています。

また、男女が平等かそうではないかって、元々は収入や仕事に関するところからきていますし、
平等になる前の時代から、『自分で稼げる女は平等だった』ということもあります。

つまりは『収入に差があったからこそ男性は奢ったりしていた』というだけであり、
それが平等になったのならば奢る必要などないとなるのが当たり前ということ。


要するに、職場での立場が対等になったのならば、自動的に全てにおいて対等になっていくのが男女関係ですから、
『職場以外では女性に優しく』こんな道理は通りませんので、それを理解することが女性には求められているのです。


平等を主張するのなら、『男は○○だから』『女だから』ということを一切言うべきではありません。
『女は力が弱いから』こんなことを言ってしまったら、『職場での力仕事は全て男性の担当だ』と言っているようなものでしょう。

確かに男女ではどうしても体力に差があります。しかし、平等ならばそんなことは関係ないのです。
同じように就職をして、同じように給料をもらうのならば、誰だって『少しでも楽をしたい』と思うでしょうし、
『出世したい』とも考えるはずです。

ですので、権利を主張するのならば不公平があってはなりません。
それが分からない女性はNGですから、自分の置かれた状況を理解しましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6