トップへ戻る

関係を持ったら無駄にしないこと

関係を持ったら無駄にしないこと

関係を持ったら無駄にしないこと

『酔った勢いで関係を持った』『何となく気が合ったから関係を持った』『二人きりになったからした』などのように、
肉体関係を持つことに『付き合っていること』『付き合うこと』という条件など必要ありませんよね。

むしろ付き合う前にすることが肉体関係であり、関係を持ってから付き合うからこそ失敗がないのでしょう。
従って肉体関係を持つことには積極的になるべきですが、その結果付き合わなかったとなっても、
『関係を持った相手』というのは大切にするべきなのです。

例えば『酔った勢いで関係を持った』このような相手ならば、付き合うということはないですよね。
これが友達同士ならば、『気まずさからそのまま疎遠になる』ということもあり得るでしょう。

スポンサーリンク


ですが、ここで疎遠になってしまったらダメなんです。
関係を持った相手というのはとても貴重であり、『唯一何でも話せる相手』ですから、そのような相手とは今後も定期的に関係を持つようにして、
切れない間柄にした方が良いということが言えます。

というのも、『恋人の場合には感情が入るため、全てを話せる相手ではない』となり、
かといってただの友達では『深い話まではできない』となるのが基本です。

だからこそ肉体関係があった相手というのは重要で、『感情なしに関係を持ったからこそ何でも話せる相手となる』ということが言えます。
例えば異性の友達と肉体関係を持ったのならば、『友達でありながら相手のほぼ全てを知っている』となる訳ですから、
そうなれば、『恥ずかしがることなく何でも話せる』となるでしょう。

肉体関係があった仲ならば、『これは話さない方がいい』とか『こんなことを言ったら引くんじゃないか』と懸念する必要などありませんし、
さらに『定期的に関係を持つ』という仲ならば、そんな心配は一切なくなります。
ですので、関係を持った相手というのは無駄にしないようにして、自分に生かしていきましょう。


肉体関係を持った相手とは、『名刺交換した相手』これと同じようなものです。
名刺というのも、『それをどう生かすか』ということが重要なはずですし、そもそもそのためにあるでしょう。
一度貰ったら永久にしまっておくでは意味がないはずで、しっかり活用してこそ初めて価値が出るものとなります。

男女関係では『体の関係を持つこと』これが名刺交換となります。だからこそ、『出会ったら先ず関係を持つ』これが基本となるのです。
最初の段階で相手のことを深く知っておけばその後に役立ちますので、
出会いというチャンスを逃さないためにも、しっかり相手を知るようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6