トップへ戻る

いい女の告白の断り方

いい女の告白の断り方

いい女の告白の断り方

  『告白の断り方』これによって、その人の人間性というのが分ってしまうものですよね。
  例えば女性が好きな男性に告白をした時、
  その男性がとんでもない断り方をしたのなら、今までの気持ちは一気に冷めて『なんであんな人を』と思うでしょう。

  このように、告白ってOKする時よりも断る時の方が重要なのです。
  ですので、いい女ならばどうやって告白を断るのかということをしっかり考えて、
  そんな女性になれることが大切です。

  告白された時って、
  たいていの場合が『自分が嫌われたくない』『悪者になりたくない』という感情を持ってしまうのです。

  そのため、結果的に相手を傷つける断り方をしてしまう人が多いものです。

  告白というのは気持ちを伝えることですし、自分のことを好きになってくれたのです。
  ですので、まずはそれに素直に感謝することが大切です。

  稀に、受け付けない男性から好かれていると知っただけで拒絶する女性がいますが、
  そんな女性はいい女とは言えません。

  このような人って、人の気持ちを考えることができず、
  いつでも『自分がどう思うか』これが中心なため相手に失礼であることが多いのです。

  従って、いい女としての断り方に拘るのならば、
  何よりも『告白してくれた相手の気持ちに感謝する』これを心掛けましょう。

  相手の気持ちに感謝することができていれば、まずは『ありがとう』とお礼がいれるはず。
  基本はこれなんです。

  『自分を好きになってくれたことに感謝できるか、そしてそのお礼が言えるかどうか』
  これが言えない女性はNGです。

  これが言えたなら、今度は自分の気持ちです。
  告白を断る際には『自分が嫌われたくない』『悪者になりたくない』という感情を持つと上述しましたが、
  この感情を含めて答えると相手に期待させることになります。

  例えば、『ストレートに振ると悪者になる』と判断し、『今は忙しいから』と断ったのならば、
  告白した人は必ず『まだ可能性がある』と判断します。

  そうなれば、男性としては諦めることができませんし、
  もちろん『忙しい』の意味を『その気がない』と捉えることなどしませんので、
  結果的に好きでい続けることになってしまうのです。

  ですので、いい女の告白の断り方としては、『純粋に答えだけを伝える』これに限ります。
  YESなのかNOなのか、男性が知りたいのはこれですから、
  この場合は『ごめんなさい』とただ一言伝えればそれで完了となる訳です。

  告白を受けた際には、『感謝』と『純粋な気持ち』これを伝えればよいのです。
  どれだけスマートにそれを伝えられるか、それがいい女の条件です。

  従って、理想的な告白の断り方としては『ありがとう、でもごめんなさい』となります。
  それ以上の言葉など、告白に対しては一切必要ありません。

  告白をした男性としても、そう言ってもらった方が諦めやすいですし、
  自分には全く可能性がないということを理解できます。
  そして何より、その女性のことを嫌いにならないで済むのです。

  断られ方次第では、愛情が憎悪に変わるのが恋愛ですから、しっかり断ることってとても大切です。
  嫌味なく断ることができたのなら、男性の気持ちの整理がつけば友達に戻れる可能性もありますから、
  告白を断る際には、『いい女の告白の断り方』何よりこれを心掛けましょう。


  告白に限らず、何かを断る際には理由などいらないことが殆どのはずです。
  『理由は聞かれたら伝える』それで良いはずですから、まずは感謝すること、そして気持ちのみを伝えるようにして、
  綺麗に断れる女性になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6