トップへ戻る

これがあったら好意あり?男性の特徴

これがあったら好意あり?男性の特徴

これがあったら好意あり?男性の特徴

出会った男性が自分に好意を持っているのか?これを見分けるのは難しいものでは?
恋愛経験が豊富な女性でも勘違いしてしまうのが男性の好意。

男女ではこの辺の感覚が違っているもので、例えば女性は『男が女を誘う=好意あり』と捉えますが、
男性はそうではなく『純粋に友達や同僚として』だったり
『単に友達になりたいから』という理由で誘っていることの方が多いものです。

むしろ恋愛対象として見ている場合なかなか誘えないものですから、
『誘われた=好意あり』は浅はかかもしれません。

このように、男女では感覚にズレがあります。
だからこそ『これがあったら好意あり』ということには敏感になっていた方がいいです。

鈍感な女ならばまだいいですが、過剰反応してしまう勘違い女になってしまうとかなり恥ずかしいですから、
自分のためにもしっかり理解しましょう。

スポンサーリンク


・好意のシグナルは一つではない
まず大切なことは、男性が好意を持っているかどうか?
これを見抜くためのシグナルは一つだけではないということです。

上述の『誘われた』に関しても、それだけで判断してはならないということ。
誘われたからといって好意ありと捉えるのは早とちりで、他の理由もあると書きましたよね。

同じように『よく話しかけてくる』『連絡先を聞いてくる』ということがあっても、
やはりそれら単発では好意ありとは判断できかねませんので注意しましょう。

最も確実なのは『デートに誘われたかどうか』です。
むしろ言い方を変えれば、デートに誘われた時点で初めて、
今までのことが好意だったと決定づけるべきです。

例えばよく話しかけてきたり、また連絡先を聞いてきて、さらには毎日メールを送ってきても、
肝心のデートの誘いがなかったら好意はないということ。
ここを勘違いしないようにしましょう。

女性の場合、『自分にどれだけ時間をかけているか』で判断する傾向がありますが、
男性はそうではありません。

好きと話しやすいは全く違いますし、『話しやすいな』と感じたら自然と連絡も増えるものです。
ですので、『これがあったら好意あり?』の答えはデートに誘われたらです。

誘われるまでは気持ちを抑えること。
またその誘いがデートかどうかがとても重要ですから、
『自分に好意がある』と上からになってしまうことがないように注意しましょう。


・婚活でも同じ
これって当然婚活でも同じです。
例えば婚活サイトでは、お互いによいと思った相手とサイト内で連絡を取り合いますが、
男性の場合それが『好意あり』とは限りません。

女性は少しでも気になったからなのでしょうが、
男は単純に『友達になれたら』『取りあえず誰かと話したいから』という理由もあります。

婚活サイトというのは女性がかなり有利になれる場所なため、
『恋愛したい』『婚活したい』という女性にはお勧めですが、
それでもやはり『実際にデートに誘われるまで』これは気を付けた方がいいです。

誘われた訳でもないのに『この人は私に気がある』と捉えてしまうと会話がかみ合わなかったり、
男性の方が冷めてしまうこともありますので注意しましょう。

ですが、それさえ注意していれば婚活サイトでの恋愛はとても上手くいきます。
基本的に女性は求められますので、『いいな』と思った男性とはほぼ確実に連絡が取れます。

実際にその男性と交際に発展するかどうかはまた別ですが、
『全く思いが叶わず辛い思いをする』ということはなく、
むしろ恋愛を楽しめるのが婚活サイトですから、出会いを作りたい女性には向いているかもしれません。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6