トップへ戻る

好意を伝える方法

好意を伝える方法

好意を伝える方法

『男性に好意を伝える』この方法が分からない女性も多いのではないでしょうか?
それができないから恋愛や婚活が上手くいかなかったり、
そもそも行動ができないなど先に進めない人もたくさんいるはずです。

『好意を伝えること』ひと昔前ならば当たり前にできていたことですが、
近年の場合できないことも普通になってきていますのでそれに焦る必要はありません。

好意を伝えられないのならば今から方法を知ればいいことです。
問題なのは『別にいいや』と思ってしまうこと。

結婚は個人の考え方次第ですから『した方がいい』ということはありませんが、恋愛はした方がいいです。
これは確実に言えますので、好意を伝える方法を理解して、楽しい恋愛ができるようになりましょう。

スポンサーリンク


・方法は極めて簡単
好意を伝えるとなると『とても難しいこと』と思ってしまうかもしれません。
ですが、実はそんなことはなくむしろ単純で簡単なことです。

例えば、小中学校時代に好きな人や気になる人ができた時何をしたでしょうか?
気になって見つめてしまったのでは?

遠くから眺めてしまったり、目が合いそうになったら慌てて逸らしたり、
こんなことの繰り返しだったのではないでしょうか?

実は好意を伝えることのスタートってここにあります。
『相手を見る・見つめる』これでいいのです。

また『相手の近くに行く』ということでも伝わります。好きならば自分の感情に従えばいいのです。
『見たいな』と思ったら見る、『近づきたいな』と感じたら近付く、
このように素直に行動することで行為は自然に伝わります。

ですので特別考えたり悩むことではありません。
また好きな人と話したら、自然と笑顔になるのではないでしょうか?

これも隠そうとする必要などありません。
『好きだから笑顔になる』『話すだけで幸せな気持ちになる』これで全然いいです。

相手の男性だって『この人何で笑顔なんだろう?』とは思いませんし、
女性が笑顔なことは至って普通です。またその方が好印象ですからそれでいいと思いましょう。

『自分がしたいと思うことに素直になる』これが好意を伝える方法です。
このように考えると決して難しいことではないでしょう?

恋愛って、考え過ぎてしまうと分からなくなりますが、素直になれればとても楽で幸せです。
またポイントは『どうしたら相手が幸せか』『相手の笑顔が見れるか』と考えること。

好きな人ができた時は、自分の感情よりも相手の感情です。
これが理解できれば恋愛は楽しいですから、気持ちに正直になって好意を伝えましょう。


・慣れることも大切
好意を伝えるのは簡単とはいえ、ある程度慣れることも大切です。
全く恋愛経験がないと、好きな人ができた時にどうしていいのか分からなくなりますから、
経験できる機会を作りましょう。

完全に好きな人を作る必要はありません。『恋愛モードになる』これだけで十分です。
例えば合コンに参加してみる、これでも良いです。

こうすることで『恋愛を意識した男女の集まりがどんなものか』というのが分かってきます。
普段全くそういうことがないと、好きな人ができた時に上手くいかず、
不幸な結果に終わってしまうこともあるので訓練しておきましょうね。

もちろん合コンとなると『私にはちょっと…』と感じる女性もいるでしょうから、
その場合婚活サイトのように簡単に始められるものでもいいです。

『婚活サイト』というと結婚が前提という印象があるでしょうがそんなことはないです。
もちろん結婚したい人の集まりですが、婚活サイト自体は恋愛をする場所です。

『恋愛した結果結婚できればいいね』というのが婚活サイトの趣旨であり、
また『ある程度真剣なお付き合い』という設定になっていることが特徴です。

そのため、あまり恋愛経験がない場合には向いているかもしれません。
真剣な男性の方が女性は安心ですよね?

『婚活サイトである程度男性とやり取りをして好きな人を探す』でもいいですし、
その中で良い縁があったら交際でも全然いいでしょう。
何よりも恋愛に慣れることはとても大切ですから、自分のペースで進められる場所を生かしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6