トップへ戻る

一人に拘ってみることもアリ

一人に拘ってみることもアリ

一人に拘ってみることもアリ

『友達が欲しい』『孤独だ』『なんとか出会いを作らなければ』と焦ってしまう人もいるでしょうが、
こういう時には発想の転換をしてみると良いです。

どうしてそこまで人に拘るんだ?これに気付けると自分がとても楽になります。
例えば、人への拘りを捨てて、現在の自分、つまり『一人』という状態に拘ってみることも生き方の一つですから、
それもアリだと考えてみましょう。

一人○○にはハードルがあるとされますが、
基本的には、『人と一緒じゃないと不可能』というもの以外は何でも一人でできます。

スポンサーリンク


例えば、野球は一人ではできませんが、同じスポーツでも、
テニスならば『壁当て』『スクールに入る』といったように、友達がいなくても全然することは可能です。

もちろんスクールに入った時点で一人ではなくなる可能性があるため難しいところですが、
考え方次第で一人でできることの幅は広がっていきます。

また『たまに人と関わる』この考え方もありです。
例えば上述したテニスならば、『普段は一人で壁当て』として、
月1回スクールに参加とすれば、一人を貫けますよね。

現状が一人の人は、『人間関係が欲しい』と思いながらも、それを苦手にしている人が多いのではないでしょうか?
従って、毎日のように人と深くかかわる環境よりも、たまにそれを作った方が負担がないです。

月1回程度ならば浮いてしまっても気になりませんし、また『浮くのが当然』という考え方もあります。
これがもし、『毎週参加している』という状態で浮いていたらそのうち行きづらくなりますよね。

一人に拘るためには、自分がどんな性格かを知ることが大切ですし、
なによりも人と関わった時の負担を無くすことも大切ですから、
それを基準に、最低限の人間関係を作ってみましょう。


一人の定番と言えば『一人焼肉・一人カラオケ』あたりでしょうが、
現在の場合、こんなものは一般的でしょう(2014年現在)

一人でいることや行動することが普通になりつつありますし、
店側も一人席を用意するなど、『そこに市場がある』ということを受け入れつつありますので、
今後はそれが当たり前になるとも考えられます。

従って、今のうちに一人を極めておくと、『一人界で崇められる』なんてこともあるかもしれません。
友達がいることや、集団に属することが全てではありませんから、
一人に拘った生活を極めて、楽しい人生を送ってみましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6