トップへ戻る

結婚の新常識とは

結婚の新常識とは

結婚の新常識とは

2014年現在、結婚には新しい常識ができつつあります。それが『心で一緒になる』という形です。
今までは、『心も体も一緒』これが当たり前でしたよね。

つまり結婚したら一緒に暮らし、その中でお互いを深めていったものでしょう。
この形が当たり前とされていた背景には、日本はお見合い結婚が一般的だったからです。

現在のような恋愛結婚ではなく、『どこの○○と結婚する』と突然決まったり、
親によって決められていたなど、たいていの場合が自由な形ではなかったはずです。

スポンサーリンク


だからこそ『結婚したら一緒に暮らす』として、お互いを知る必要があった訳です。
そうしないと、全く何も知らない相手ですし、
体の関係は持つにしても、何年経ってもぎこちないままということもあったはずでしょう。

しかし現在の場合、恋愛結婚が一般的ですし、同棲することも多いです。
また交際期間が長かったり、交際する前から友達ということも普通にあります。

そのため、結婚といっても一緒に住む必要はないとも考えられるのです。
別居婚という形が実際にありますが、別居婚の場合『事情があって一緒には住まない』ということが多いですよね。

ですが結婚の新常識では『敢えて今までの生活は変えない』とするスタイルで、
それぞれが送っていた生活を尊重するという形です。

そのため、実家暮らしだった人は結婚後も実家にとどまり、一人暮らし同士ならばそのままの形で、
結婚後も交際時と同じようにデートを繰り返す、同棲していたカップルも、そのまま同棲もいいですし、
いつ解消しても、それは別れを意味することではなく、単純に生活の変化と受け止めるということ。
これが、結婚の新常識です。

『従来までの形に捉われない』ということが大切で、結婚したからといって何かを変える必要はないのです。
冒頭でも書いた通り『心で一緒になる』これだけで十分と捉え、
また結婚とは『心の契約』と考えればそれで満足できるでしょう。

今までと同じように、お互いの家を行き来する生活でも、
結婚していれば感じるものは違ってきますので、こんな形もありだと捉えてみましょう。

時代が変わったのならば個人も変わっていいものです。
『全てを一緒にする』この必要はありませんので、
結婚によって何かを諦めてしまうといった、従来までの形は卒業しましょう。


『子供がいたらどうするんだ?』と思う人も多いでしょう。
確かにそれは問題ですが、シングルで育てている人もいますから、
時間的にゆとりのある方が面倒を見ると考えてもいいでしょう。
また『1週間の交代制』という方法もあります。全ては捉え方次第ですから、柔軟に考えて人生を楽しみましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6