トップへ戻る

男性は家政婦など求めていない

男性は家政婦など求めていない

男性は家政婦など求めていない

女性によっては『結婚したら家事を完璧にこなす!』とアピールしますよね。
まるでこれが『凄いこと』と言わんばかりな言い方をする人もいる訳ですが、男性はそんな女性を求めてはいません。

確かに家事が全くできない女性もいますから、そういう意味では高得点なのかもしれません。
ですが、『家事ができない女が論外』であり、『できることが当たり前』なのです。

掃除や洗濯など、するかどうかの問題だけですから、できない人がどうかしているのでしょう。
例えばゴミ部屋になっている女性もいますが、そういう女性は100%対象外です。

それを受け入れて欲しいとか、
結婚したらしっかりすると言われても理解できるはずがありませんので、そういうことが分かる女になりましょう。

スポンサーリンク


家事に関しては、『必要ならば家政婦を雇えば十分』と考えられますし、実際にその方が安いでしょう。
というのも、家事アピールする女性は専業主婦願望が強かったり、
『養ってもらうことが当然』と考えているため、それならば、期間限定で雇える家政婦の方が全然安いのです。

また、『女子大生の家政婦』『美人家政婦』というのも現実的にいますし、
『飽きたら変える』ということもできるため、その方が全然楽しめます。

結局は、自分の家に入れるのならば家政婦も若い子がいいですし、
そんな楽しみも欲しいですから、結婚希望の女性が『養ってもらう』という意識だったら男性は全く良いとは思えません。

このように、男は結婚に家政婦を求めている訳ではありません。
従って、それを理解しないと先はないということです。

男性が求めるのはしっかりした女性です。
考え方が一人前であり、『基本的には自分の力で生きていく』という女性こそ求めています。

つまり、結婚後もそれぞれの収入で生活することが前提になりますので、
『それでは意味がない』と感じたのならば独身が向いていますから、結婚は諦めた方がいいでしょう。


女性によっては『結婚後も財布が別では意味がないじゃん』と思うかもしれません。
しかし、その意味がないという発想が男性には理解できないのです。

というのも、『男が養う』という考え方は既になくなりつつありますから、そうなれば結婚の捉え方も変わってきます。
また現在では、子供を作らないことも当たり前になってきていますので、
『女は妊娠するから』という懸念も要らないでしょう。

つまり、男女どちらも同じ条件と言えます。
今後の結婚は、『永遠を誓う形』に過ぎず、それ以外のことは独身と変わりません。
結婚後も一緒には暮らさないという男女もいますから、『心で一緒になる』これを理解することが大切です。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6