トップへ戻る

見下されて当然の女とは

見下されて当然の女とは

見下されて当然の女とは

男性と接する時に『下心を持たれたら不快になる』『下心は持つな』というタイプの女性、
こういう人は『見下されて当然』となりますので注意した方がいいです。

というのも、女性とは下心を持たれてこそ魅力的となります。
ですので、それを拒むということは『女として価値がない』『女として機能していない』ということになりますので、
それでは見下されるのも当然ですし、誰も真面に関わろうとはしないでしょう。

近年では、何でもセクハラになる時代ですが、
これに関しても、『訴える女性と、それはしないで冗談でかわす女性』とがいる訳です。

スポンサーリンク


モテるのは当然かわす女性であり、女性にはそういう能力が求められるのです。
もちろん不快に感じているのならばセクハラで訴えることもありでしょう。

ですがそれをしてしまえば、男性は『仕事上必要な会話もしなくなる』とどうしてもなってしまうでしょう。
また、『訴えたことが原因で昇進できなくなる』『重要なプロジェクトに選ばれなくなる』ということもあります。

昇進などに関しては能力の問題ですから、これをまた訴えるというのは難しいものです。
結局は『女としてのコミュニケーション能力があるか』ということが重要で、
それがないからこそどんな時でも被害者だと主張してしまうのでしょう。

そういう性格だと確実に見下され、自分の人生をダメにしてしまいます。
ですので、『男に求められることは良いこと』と捉えるようにして、考え方を変えましょう。

例えば、日常的にセクハラが飛び交う職場であり、自分に関することも日々言われるとしても、
それは『女として認められている』『一社員として評価されている』と捉えることです。

男性だって、『嫌な女』『使えない女』にはそんなことは言いません。
それなりに期待できる女性だからこそ会話を楽しみたいと思うのです。

職場とはいえ、仕事以外の話も必要になります。
プライベートなことを聞かれると『仕事とどう関係ありますか?』と語気を強める女性もいますが、
そんな風に壁を作っていたら仕事にも影響しますので、考えて接するようにしましょう。


認められるためにはどうしたらいいか?これが大切です。
女性ならば、『男は何を求めるか』ということを理解するべきです。

男性が求めるものは一つですから、普通ならばすぐに分かります。
また、それを武器にできる女性はやはり強いですし、なんだかんだでその方が賢いです。

どんなに頑張っても限界がある人だっているのですから、『体を使う』くらいのことはできた方が自分のためです。
『都合のいい人間をそばに置きたい』これは誰でも考えますから、それができる女性になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6