トップへ戻る

女性が困っていたら男は助ける?

女性が困っていたら男は助ける?

女性が困っていたら男は助ける?

『女が困っていたら男は助けるもの』このように考えている女性もいて、
助けないで素通りしていく男性がいたら『なんで助けないの!』と憤慨する女性もいるでしょう。

これは職場ではよくあることで、例えば重い荷物などを女性が運んでいると
『男が手伝うと言いだすことが当たり前』と思っている女性もいるでしょう。

そのため、男性の方をチラチラ見ながら『いつ手伝うと言うの?』という視線を送ったり、
『手伝ってアピール』をするなど、『男がすること前提』という女もいるでしょう。

スポンサーリンク


一般的に考えた場合『男が女を助ける』これは常識なのかということですが、
現在の場合そんなことはありません(2014年現在)

現在は『困っている人がいても助けない』こんな社会ですから、
そうなれば、女性が困っていても、また危険な目に遭っていても無関心な男性が多いのです。

というのも『助けたところで何もない』『自分も危険な目に遭う』このように男性は考えているため、
だからこそ何もしないのです。


例えば『助けたら体の関係が持てる』という法律上の決まりがあるのならば男性も助けるでしょう。
しかしながら、『助けなければならない』というルールもなければ、
『助けてもらったらお礼をする』『体で返す』という決まりもないのが現状です。

そうなれば、自分の時間を犠牲にし、状況によっては自分が危ない訳であり、
さらには『そこまでしても何もない』という可能性が大きいため、だからこそ男性は助けようなどとは思えないのです。

従って、知り合いならば助ける可能性もないとは言えないでしょう。
知り合いであり、『助けたら体で払う』というやり取りが事前にあったのならば男性も考えます。

いずれにせよ男性は、『タダでは動かない』と思っていますから、女性はそこを勘違いしないことです。
例えば職場で重い荷物を移動する時、男性に手伝ってもらうのならばメリットを作ることです。

『運んでくれたら私を好きにしていい』といったように、
『これならしてもいいな』と思える条件を作ることで男性も動きますので、
『男はどんなことに弱いか』これを考えるようにしましょう。


世の中どこへ行ってもタダのものはないでしょう。
例えば税金に関しても、色々な理由をつけて徴収するものですよね。

子供関連の税金など、それがいない人や興味のない人からすれば単純に迷惑なだけですが、
それでも払わなければならないのが税金のはずです。

このように、どんなことでも金やそれ相当の価値で解決するのが社会ですから、
女性だからこそできる見返りを与えることが大切になります。

男性は『関係が持てる』ということがあればたいていのことはしてくれます。
もちろん悪いことはNGですが、手伝う・助けるくらいならばOKですから、
女性は自分を武器にして、男を動かしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6