トップへ戻る

真剣交際に拘らないこと

真剣交際に拘らないこと

真剣交際に拘らないこと

女性の場合『真剣交際に拘る』『どんな時でも真剣交際が当たり前』と考えていることが多いですよね。
『遊びでもいい・体だけでもいい』と考える人は少なく、基本的には真剣に付き合って、
さらには結婚が見える恋愛がしたいとするのではないでしょうか?もちろんそれは理想的です。

しかし、理想論にすぎないという考え方もあります。
というのも、どんな時でも真剣交際にばかり捉われていたら多くの機会を逃してしまうからです。

男女関係というのは真剣交際だけではありませんし、
また『真剣交際をベースにする』という人にとっては
『体から始まる』『体を楽しむ』ということが受け入れられないこともあるでしょう。

スポンサーリンク


それがとてももったいないことで、体からでも、または遊びのつもりでも、最終的には結婚したり、
さらには『結婚は無くてもこれが幸せだ』と思える形もあるのです。

真剣交際や結婚が絶対に幸せと捉えてしまうと、ゴールが一つになってしまいます。
ですが、当然のことながらゴールが一つだと自分を追い詰めることになりますし、
また道を踏み外した時には全てが振り出しに戻り、さらには時間切れになっていることもあります。

女性の性格によっては『真剣交際や結婚が合わない』という人もいますので、
そういう人が『私は絶対真剣交際』と考えていてもいつまで経っても幸せにはなれません。

ですので、『男女関係にはいろいろな形がある』ということを受け入れて、
柔軟な考え方を持つようにしましょう。

例えば『一夜だけの関係』これができるかどうかは重要です。
できる女性とできない女性の違いは、『大人かどうか』ということです。

大人の女性は考え方が豊富で『こんな形もありだ』とどんなことにも積極的になれるのです。
だからこそ、一夜だけの関係でも抵抗なく楽しむことができる訳ですが、
『そんなのあり得ない』と拒んでしまう女性は、考え方が子供であり、
一つの形しか受け入れることができていないということです。

『男と女が関係を持ったのに、その後会わないなどおかしい』と考えるからこそ拒むのでしょうが、
経験を重ねることでそれも普通になってきます。

ですので、拘りや固定観念というのは捨てた方がいいのです。
その方が楽しい人生が送れますので、自分のレベルを高めていきましょう。

子供のままでは何れ孤立してしまいますので、
どんな形でも受け入れられるだけの経験を持って、大人の女になりましょう。


肉体関係をプラスに捉えることができると人生が楽しくなります。
例えば『イケメンな男性』『体がタイプ』と感じたらしてみるなど、
好きや付き合うに拘らないで関係が持てるようになるため、経験の幅が広がります。

真剣交際にばかり拘っていると知らない世界が増えてしまいますので、
そうはならないためにも積極的になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6