トップへ戻る

結婚を形にしないことが理想

結婚を形にしないことが理想

結婚を形にしないことが理想

『結婚したい』『子供の頃から結婚願望がある』『結婚して幸せな家庭を築きたい』こんな女性もいるでしょうが、
近年の場合、このような女性は受け入れられない傾向にあります(2014年現在)

というのも、男性が『結婚は不要』『子供はいらない』『独身の方が楽しい・勝ち組』と思っている時代ですから、
そうなれば、受け身の姿勢で結婚を望む女性というのは、どうしても疎外されてしまうのです。

『どうして結婚したいか』これがとても重要で、
『安定・安泰が欲しいから』これが基盤にある女性は、確実にNGです。

スポンサーリンク


子供の頃から結婚に憧れていた、こんな女性でも、
根本的な部分では『結婚することによって養ってもらえるから・守ってもらえるから』
ということがあるからなのでは?

これは、一昔前ならば全然問題ありませんでした。
まだまだ結婚することが当たり前の時代ならば、男性も『自分が養うべき』と思っていましたから、
その時代ならば受け身の女性でも結婚できたのです。

ですが現在のように、独身でもいい時代、独身の方が楽しい時代になった場合、
『一人の方が楽しいのにどうして女を養う必要がある』と男性は考えるため、だからこそ受け身の女はダメです。

ですので結婚を求めるのならば、プラス思考ですること、これが大切です。
『結婚はしても仕事は続ける』『結婚はするが夢もある』このように、
結婚によって何かが止まってしまうのではなく、『一つの区切りとしての結婚』それだけのことならば、
男性もありだと考えます。

このようなことから『別居婚』『友達のような夫婦』『入籍しない』『肉体関係ありの友達』
こんな形ならば男性も理解するといえます。


女性の場合、『結婚という形』『入籍』『結婚式を挙げること』これらに拘るため、
どうしても上記のような『一緒にいればいい』という答えに辿り着くことが難しいですが、
何も『結婚』という法律上の答えに拘ることはないのです。

特に現在のように、『個人が自分の人生を全うし楽しむ』こんな時代の場合、
ある意味結婚という形は負担でしかありません。

それならば、どうすれば負担にならないかと考えることの方が大切ですから、そのための選択が必要になります。
一緒に生活しているとお互いに我慢があり、またやりたいこともできなくなりますので、
それならば『別居婚』という形もありでしょう。

このように考えていけば、いくらでも答えは見つかります。
常識に捉われないことで素晴らしい未来が見えてきますので、パートナーと話し合って、
お互いが納得する形を見つけましょう。


『入籍していないと相続の問題がある』こんな風に考える女性もいるでしょう。
ですが、これを考えた時点でアウトです。

男性は、女性が金の話をすることを嫌いますので、それらは考えない方がいいです。
『一緒にいたいかどうか』これだけがテーマです。論点がずれないためにも、正しい考え方を持ちましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6