トップへ戻る

女に見えない女性とは

女に見えない女性とは

女に見えない女性とは

男性が『これは女ではない』『女に見えない』と判断する女性とは、自分よりも年上の女性なんです。
そのため女性は『年下男性と関わる際には変な気を起こさないように注意する』としないと、
かなりの勘違いおばさんだと思われてしまいますので気を付けましょう。

というのも男性は若い女性が好きですし、基本的に年上の女性を恋愛対象にすることは少ないのです。
例えば30歳の男性ならば、『自分よりも年上の女性はちょっと…』と考える人が多いですし、30歳以上の女性といったら、
よほど努力していない限りはかなりのおばさんですよね。

スポンサーリンク


人間は年齢と共にいたるところが劣ってきますが、女性は特に『脱いだ時に引く』ということがあります。
20歳前後の女性ならば脱いでも問題ありませんが、30歳代の女性の場合『脱ぐと見っとも無い』ということが正直なところでしょう。

腕や腹が弛むなど、とても女の体とは思えない状態になっていることが多く、そんな体の女としたいなどとは思いませんから、
だからこそ対象外なんです。

『女性は若いに限る』これは多くの男性が感じていることであり、さらには、変わることのない考え方です。
これを理解できずに『私は若い男性がいい』といっているような女性は見苦しいですから、そうならないためにも現実を見るようにしましょう。

女性は『年上の男性を求める』と考えると上手くいきやすいです。
基本的には10歳以上年上の男性が理想であり、そのくらいの年齢差ならば『男性にとっていつまで経っても若い存在』となりますので、
どちらにとってもメリットがあるのです。

例えば、運よく年下の男性と結婚できたとしても『毎日のようにおばさんと言われる』『体の関係などすぐに無くなる』
これは目に見えていますよね。

男性は若い女性にしか興味がありませんから、一時的な感情によって年上と結婚したとしても、飽きるのは当然です。
しかし女性が10歳以上年下ならば、まず飽きることはないでしょう。

またそのくらい若い女性がパートナーならば、他の女性を求めるということもしなくなります。
男性が浮気をする理由にはいくつかありますが、その一つに『必要だから』というものがあり、
それは『現在の相手では満たされないから』という必要性なんです。

ですがパートナーが若い女性ならば、その欲求は満たされます。
従って『男性が年上ならば浮気の可能性は減る』となりますので、そういう意味でも女性は年上と関わるようにして、幸せになりましょう。


『女に見えるかどうか』これは、女性が誰と関わるかによって決まってきます。
頑張っても相手にされないということは、求める相手を間違っているということです。
そんな時には違う選択も必要となってきますので、一つに拘らないで、自分を必要としてくれる男性を選びましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6