トップへ戻る

男性の下心を感じ取ること

男性の下心を感じ取ること

男性の下心を感じ取ること

女性ならば『男性の下心を感じ取る』これができなければなりません。
下心というと悪い意味でばかり捉えられることが多いですが、むしろ『下心を持たれることは評価されている』ともなりますので、
それに気づかないということは女としてまだまだともなりますので、色々な意味で感じ取れる女性になった方がいいのです。

例えば男性が『肉体関係を持ちたい』という気持ちを持って見ているのに、それに全く気付かずに、親しい友達として接していて、
さらには『その男性と二人で飲みに行く』『一緒にどこかに泊まる』『男性の家に泊まる』ということをしていたのならば、
いつかは本意ではないことが起こってしまうでしょう。

スポンサーリンク


また『友達だと思っていた男性に告白されてショックを受ける』という状況もありますが、これも、下心を感じ取れていれば防げた事態といえます。
女性は純粋な友達と思っていた、また『純粋な友達だと思いたい』という部分があった。

しかし、『男性はどう思っているのか』これが重要ですから、そういう時に大切なことが『男性の下心の有無』これを見極めることなんです。
自分に全く興味を持っていなければ、それは純粋な友達と言えるでしょうが、少しでも女として見ている部分があるのなら、
友達とは言えませんよね。

少なくとも男性は『ただの友達のままでいるつもりはない』と考えていますから、そのような行き違いをさけるためにも、
下心を感じ取れる女性になりましょう。

では、下心を感じ取るためにはどうすればいいのか?
実は、これは簡単なことなんです。『男性がどこを見ているか』これに注目していれば、下心の有無は分かってきます。


例えば露出が多い服を着た時に、男性が露出された部分ばかりを見るようならば、『下心あり』ですし、
胸や脚が派手に露出されているにも関わらず、全く興味を示さないのならば『下心ナシ』です。

その他にも『ボディータッチがあっても男性の顔色が変わらなければ下心ナシ』ということが言えます。
男性は女性の体に触れることが好きなため、それでも何も変わらないというのなら、純粋な友達と捉えている可能性が高くなります。
ですので、露出多めの服を着るか、さらにはボディータッチを増やすなどして、男性の気持ちを探ってみましょう。


モテる女性や恋愛経験が豊富な女性ならば、男性と出会った瞬間に下心の有無くらい見抜けるものです。
女性は本来『自分を養う男か』ということに敏感になるようにできていますから、女性としても『私に下心がある』ということは、
実は重要なことなんです。

現在では『下心=悪いこと』と思われがちですが、本能的にはそれがないと人類は滅びますし、恋愛もしていないでしょう。
男女が求め合う上で下心は必須ですから、あまり拒絶するのではなく、冷静に判断するようにして、男性の対応を考えましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6