トップへ戻る

断わったら話しかけないこと

断わったら話しかけないこと

断わったら話しかけないこと

『男性からの誘いや告白を断る』これをしたのなら、翌日からは話しかけることはNGとなりますので注意しましょう。
というのも『断られた』ということはかなりのショックとなりますから、その時点で『その二人は終わり』というものなんです。

従って、『そういう険悪な雰囲気が嫌だ』と思うのならば断わらないことですし、
『取りあえず付き合ってみる』という考え方も一つの方法です。

すぐに結果を出してしまうのではなく、取りあえずは付き合って、
『肉体関係なども持ってみてからどうするかを決めること』こうしてしまえば険悪にはなりませんし、
男性としても『体の関係があった』ということになりますので、その後終わってもそこまで嫌な関係にはならないのです。

スポンサーリンク


男性の場合『肉体関係があった女かどうか』これをとても重視しますので、
それがない女の場合、『断られた』ということへのショックは半端なものではありません。

従って『断るにしても体の関係を持ってから』こうすることで全てが変わってきますので、
険悪な関係になるのが嫌ならば、『取りあえずは付き合って関係を持つこと』これを受け入れましょう。

また、『好きと肉体関係』これは別のものとして捉えることも大切になります。
女性の場合『好きになってから体の関係を持つ』としがちなものですが、
そうではなく、『体の関係を持ってから好きになるかどうかを判断する』としてみるのです。

そうすることで気持ちにゆとりができ、『簡単には断らない』という姿勢もできてくるため、
そうなれば男性とのトラブルも激減します。

男性としても、女性が好きと肉体関係を別にすれば色々なことがやりやすくなります。
女性は関係を持っただけで好きになってしまいますし、それが女性の弱点でもありウザい部分でもあるでしょう。
従って、そういう欠点を解消して、男性との関係を深めていきましょう。


基本的に断るって『相手の全てを否定する』ということになりますので注意しましょう。
女性だって『誘ってみたけどダメだった』となったらショックでしょう。

男性が受けるショックって女性以上なところがありますから、
それを緩和させるためにも『肉体関係は持てる』という形にするのです。

そうすれば『交際はできないけど体の関係はアリ』となるため、それならば男性としても救われます。
また男性も『ただやりたいだけだった』ということも十分にありますから、
それを確かめるためにもまずは関係を持ちましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6