トップへ戻る

結婚したら女ではない

結婚したら女ではない

結婚したら女ではない

女性は結婚したら女ではありません。これを分っていない女性が非常に多いですが、女性というのは結婚したら女ではなくなるため、
それを承知の上で結婚するようにしましょう。

というのも男性は『既婚女性に優しくしたり親切にすることはない』というのが基本なのです。
男性は『女性と出会ったら先ず左の薬指を確認する』となるため、その結果既婚だと分ったら『なんだ女じゃないんだな』と受け止め、
その後は対応を変えていきます。

例えば職場ならば『独身の女性が重い荷物を運んでいる』という状況ならば手伝うでしょうが、
既婚女性の場合『手伝うことはしない』というのが常識なのです。

スポンサーリンク


というのもこれは『手伝ったことによる見返りが期待できないから』となります。
女性が独身ならば『手伝った結果肉体関係が持てるかもしれない』という期待がありますし、男性が手伝う理由というのはそれになります。

ですが既婚者の場合、手伝ったところで既に結婚している訳ですから、
そうなれば『体の関係に発展する訳がない』と考えるのが男性なのです。

仮にそうなったとしても『それは法的によくない関係』ですから、男性としてもそこまでしたいとは思いませんし、
また女性というのは『結婚した時点で魅力が低下する』ということがあるため、それもあって男性は助けないのです。

女性って『誰か一人のものになる』こうなった時点でブスになります。従って本当は『一生独身・一生フリー』これが女性のためなんです。
そうしていれば絶えず男性が求めてくれますし、女性自身も美しくいることができます。女性だって、ブスにはなりたくないでしょう。

『結婚=ブスになるという選択』これは変えることのできない事実ですから、『それでも』と思うのならば結婚するようにして、
『他の男性からは求められない』『どうしてもブスになってしまう』ということを受け入れましょう。


『子連れの女性』こういう女性も助けてもらえない対象になります。
というのも子連れだと『結婚している』にプラスして『出産した』ということがあるため、男性からすれば全く価値がない存在なのです。

従ってそんな人間が困っていても助けませんし、そもそも助けることに何のメリットがあるのでしょうか?
『助ける=肉体関係』これでないと男性は助けませんので、女性は助けて欲しければ『肉体関係ありの女』になりましょう。

近年では物騒な事件も目立ちますが、男性としては『誰かが助ければ大丈夫』という状況でも、
『メリットがなければ助けない』というのが基本になります。

『助けてもどうせ感謝されない』と多くの男性が感じています。
既婚・子持ちでは何かあった時には相手にされませんので、自分の身は自分で守れるようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6