トップへ戻る

強風の日の服装で女の価値が決まる

強風の日の服装で女の価値が決まる

強風の日の服装で女の価値が決まる

『風が強い日にどんな服を着ているか』これによって女性の価値は決まります。
風が強ければ、その分女性は考えることが増えますよね。

『スカートを穿いたら見られるだろうか』何よりもこれが頭に浮かぶでしょう。
実際に男性は『そんな日は楽しみだ』となるため、女性によっては色々考えることでしょう。

ですが、『こういう日こそ敢えてミニスカート』こんな女性がモテます。
見られてしまう可能性が高い日に、風がなくても見える可能性が高いミニスカートを穿く、
このような女性は『自分に自信がある』という証拠ですから、モテない訳がないのです。

スポンサーリンク


また『見えてしまってもいい』この考え方を持てることも重要なんです。
女性自身、『見られる』ということに対する考え方は分かれるはずで
『恥ずかしい・見っとも無い』という消極的な捉え方をする人がいる一方で、
『男どもは見たいだろう』『多少はサービスしてあげる』という積極的かつ攻撃的に考えられる女性もいるはずです。

このような、積極的な女性こそがモテるということです。
女性ならば『男は女のどこに興味を持っているか』これに敏感になるべきですから、
恥ずかしいや見っとも無いといった考えは持たないべきです。

むしろそう思うのならば、『見っとも無くない下着を穿くべき』という考え方があります。
女性の場合、どんなものを穿いているかによって自信やその日の気分が違うはずです。

結局のところ、いい女というのはいつでも完璧ですから、
だからこそ『風が強い日でもミニスカートを穿ける』となり、
さらには『見られても気にしない』という考え方を持つことができるのです。

これは、全て女性自身の問題です。男性が見たいからとか、そういうことは一切関係ありません。
どんな意識を持って女をしているかということですから、
自分がいい女だと思うのならば、またそんな女になりたいのならば、
たとえ台風でもファッションには妥協せず、完璧な女性になりましょう。


『脚を出す』これはとても大切です。
男は女性の脚が好きですから、それを見せないというのはとてももったいなく、また愚かなことです。

さらに言えば、強風の日というのは男が最も期待する日でもあります。
従って、そういう日にミニスカートを穿けない女性はダメですから、積極的になりましょう。

女性ならば、『見られてこそ価値がある』ということに気付くべきです。
『見られることが不快』こんな考え方を持っているのならば損をしますから、正しい考え方を身に着けましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6