トップへ戻る

『見せられるうちに見せる』が鉄則

『見せられるうちに見せる』が鉄則

『見せられるうちに見せる』が鉄則

女性は『見せられるうちに見せておく』これを忘れないことです。
これは体のことですが、女性が露出できることには年齢的な限界があるため、
それがきてしまうまでに『思う存分出しておく』ということが大切になります。

一般的には『30歳過ぎまで』となりますし、30歳代でも、派手な露出は避けるべきとなっているため、
事実上出していいのは20歳代までです。

そうなれば、露出できる期間というのは儚いものでしょう。
そういう時期に出しておかないと『40歳を過ぎてからミニスカートを穿く』といったように、
痛いおばさんになってしまう可能性があります。

スポンサーリンク


このような人は『若い頃にしたかったファッションを今している』だったり
『まだ若いつもりでいるから自分では気付けていない』という、何れも勘違いさんです。
そんな女性は当然誰も相手にしませんので、『見せられるうちに見せる』これを心掛けましょう。

20歳代女性の露出ならば、たいていの男性が喜ぶものです。
もちろん、デブやブスというのは論外ですが、
そうではなく、一般的な女性ならば『肌を出してくれた方がいい』となるため全然歓迎されます。

男性は『胸や脚が見たい』となっています。そのため、そこを中心的に露出できるとモテ力もアップします。
例えば胸元が大きく開いた服を着て『敢えて見えるようにする』こんなことをしたら男は簡単に落ちます。

ただし、中にキャミソールなどを着て、
谷間防止をしていたらかえって滑稽になってしまいますのでそこは気を付ける必要があります。

露出というのはある種の芸術ですから、綺麗であり、また完璧でなければなりません。
『胸がどのくらい見えるか』『前屈みになったらどこまで見えるか』『太ももはどのくらいまで出ているか』など、
こういうものが総合的に評価されるのが露出ですから、出す時には『美しく出す』これを心掛けるようにしましょう。


露出をするのなら、『見られても良い』という気持ちと自信を持った方がいいです。
そうした方が全然綺麗になりますし、
『露出をするけど見られたくない』と変にガードを固めていると中途半端になり過ぎてしまいます。

『男の視線が楽しい』このくらいに思える女性がモテますし、
『今胸を見た』と余裕でいられるくらいの方がいい女に見えます。

女ならば、見られることに喜びを感じることと、
実際に見られた時にスマートに対応できることが大切ですから、そんな女性になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6