トップへ戻る

痴漢被害に遭わないためには

痴漢被害に遭わないためには

痴漢被害に遭わないためには

『痴漢被害に遭いたくない』女性ならこのように考えるでしょう。
そのために対策をしている人も多いのではないでしょうか?

ですが、100%遭わないようにすること、これは不可能です。
例えば外出しなくても、家に侵入されるということもありますから、
生きている以上完璧に防ぐというのは難しいのです。

ですが、『された時に対処する』というのならば十分にやりようがあります。
実は、痴漢に関しては、『されないように対策をする』と考えられますが、
された時の対処を考えた方が全然有効なのです。

スポンサーリンク


というのも『どうしたらされないか』これを考えていくと『引きこもるしかない』という結論になり、
さらに引きこもっても、上述したように完璧ではありません。

そうなれば、食べまくってデブになり、その上で引きこもるといったように、
完全に女を捨てるという選択しか残っていません。

確かに男性は、巨漢に触れることはありません。
そのため、醜い女になってしまえば完璧な予防法とも言えますが、その決断をするのは難しいでしょう。
このように、予防には限界がありますので、された時のことを考えるようにしてみましょう。

痴漢で最も問題なのは、『動けなくなってしまうこと』ではないでしょうか?
『恐怖に怯えて動けない』こんな女性が多いはずです。

触られていることも不快でしょうが、それ以上に怖いということがあるでしょう。
従って、その恐怖に慣れておくことで、かなりの対策になります。

実は、痴漢に関しても慣れの問題なのです。もちろん『自分から被害に遭え』ということではありません。
ですが、親しい男性に頼むなどして、普段から『触られる』ということに慣れておくは大切になってきます。

例えば何人かの男性に頼んで、『隙があったら触って』と伝えておくのです。
そんなことを言われても戸惑ってしまう男性が多いでしょうが、
目的がはっきりしていれば『いきなり抱き着く』『胸を触る』ということもしてくれます。

日常的にこういうことがあれば、本物に遭った時でも冷静になれますので、だから良いのです。
また、『これをされたらどうするか』という対処を考えておくべきです。

相手が痴漢なら、多少怪我をさせてしまっても問題ないでしょうから、
『体を触る手に何かを突き刺す』くらいのことをしてやってもいいでしょう。


ただし、間違って刺さないことです。冤罪の場合、完全に傷害事件になるため、そこは注意することです。
『触っている手をしっかり掴み、その上で突き刺す』これが良いでしょう。

近年では冤罪事件も流行っていますので、そこは十分に注意するべきです。
いずれにせよ、『ただ終るまで我慢する』ではよくないので、しっかり勝てるように訓練しましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6