トップへ戻る

恋愛はした方がいい理由

恋愛はした方がいい理由

恋愛はした方がいい理由

『恋愛はした方がいい』とよく言いますよね。
おそらく誰に聞いても『恋愛なんかしない方がいい』とは言わないでしょう。

中高生に対して『恋愛なんかより勉強しろ』という大人はいるでしょうが、
これを言う人でさえ、『一生恋愛するな』とは思っていません。

『勉強の方が大切』これには様々な理由があり、まずは『大人としての建前』というものがあります。
例えば教師ならば、
『恋愛は大切だぞ。だから、勉強もいいけど今は思いっきり恋をしろ』などとは言えませんよね。

スポンサーリンク


その教師だって、
自分の人生を振り返れば『中高生での恋愛は人生にとってとても重要』ということは分かっているのです。

ですが、学校という環境であり、
さらには勉強を教える立場であるからこそそれを進めることはできないという訳です。

また『勉強も大切』ということもあります。
というのも、中高生で学力の基礎を作れるかどうかはその後の人生に大きく影響します。

その結果大学に進学できれば就職や収入も変わってきますし、
何より『世の中の見え方』というものが全く違うものになります。

この2014年現在、社会はまだまだ学力重視です。
おそらくこの傾向が変わることはないでしょうし、変わるということは退化するとも捉えられるため、
そういう意味でも勉強ができるに越したことはないのです。

ですので、『勉強と恋愛の両立』これが理想です。
どちらもとても大切なことであるため、片方にのみ力を入れることは間違っています。

特に社会に出てから『仕事ができる』と言われる人は、『遊びも仕事もしっかりこなす』という人です。
これはつまり、10歳代の頃から勉強というやるべきことをしっかりこなし、
その開いた時間で恋愛という遊びも十分にしてきた人ということです。

いつの時代もこんな人が求められます。
こうやって、長い目で考えるとどれだけ恋愛が重要かが分かるでしょうし、
『恋愛にだけ夢中になる』これではダメということも分かるでしょう。

10歳代の頃に『好きな人ができると勉強しなくなる』という人は、
大人になってからも『恋愛をすると仕事が適当になる』という傾向があります。

そうなってしまえば会社は学校とは違うため、
『必要ない』と言われますので、10歳代の頃から対策しておくようにしましょう。


周りの大人が何と言っても恋愛はするべきです。
また、何かを言われたくなかったら、その分結果を出すことです。

学生ならば『テストで良い点を取る』『希望校に合格する』『部活で好成績を収める』これが結果です。
やることさえできていれば、『恋愛なんかするな』とは誰も言いません。

むしろ、『恋をしているから結果が出ている』こう捉える人もいます。
プラスにできるかどうかは自分次第ですから、何でも頑張るようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6