トップへ戻る

ボディータッチに慣れること

ボディータッチに慣れること

ボディータッチに慣れること

女性は『ボディータッチに慣れる』これが大切です。
これは『男性にボディータッチする』ということではなく『されることに慣れる』という意味になります。

女性は『自分から触れることはOK』としても、男性に触れられた時には強張ったり拒絶することがあるでしょう。
そうなるとNGな女になってしまいますので、
どんな男性が相手でも、またどこを触られても取りあえずは平気な女になりましょう。

というのも、ボディータッチOKの女になった方が確実にモテるのです。
男性は女性に触りたいですから、それをさせてくれる女性がいたら『この人は大切にしよう』と考えます。

スポンサーリンク


しかしながら、多くの女性はそれをNGとしますから、だからこそOKの女になることが求められるのです。
例えば『胸を触られた』ということがあってもOKにできること。

もちろんそれが男友達など、信用している相手であることは前提ですが、
『相手が誰でも胸はダメ』といったように偏った女性になってしまうと需要が無くなります。

飲み会や遊んでいる時に、『男性が触ってきた』となって、
そこで拒んでしまったら一気にテンションも下がってしまうでしょう。

そういうことにならないためにも考え方が重要なんです。
また逆に言えば『触られても良いと思える男性としか関わらない』この考え方が大切ですから理解するようにしましょう。

ボディータッチというのはコミュニケーションの一つです。
女性も『この人はアリだ』と思ったら勝手に触れるようになりますよね。

人間は会話だけではありません。
特に男女関係は『肌の触れ合いがあって初めて分かる』というものがありますので、それを理解しましょう。
ボディータッチは好きな異性限定ではありません。相手からされることも受け入れて、親交を深めることが大切です。


女性の場合、男性に触られると『下心有』と捉えますよね。
ですが、男性の全てがそうであるとは限りません。

例えば胸を触ってくる男性がいるとしても、それが絶対に下心とは言い切れないのです。
単純なコミュニケーションということも十分にありますので、そんな心理も理解するようにしましょう。
『男が触ってくる』これを過剰に捉えすぎるのが女性ですから、もっと柔軟に考えるようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6