トップへ戻る

男性が欲しいのは妻ではない

男性が欲しいのは妻ではない

男性が欲しいのは妻ではない

結婚をする際に男性が望むのは『生涯のパートナーとなる女性である妻』ではないのです。
女性はこの辺を勘違いしていますが、男性が欲しいのは『優秀な家政婦』です。
これを理解していないと結婚などしてもらえませんので注意しましょう。

結婚というと『男性にはメリットがないもの』ですよね。にも関わらず結婚する男性って『その女性を愛しているから』ではないのです。
結婚に関しては『永遠の愛』とか訳の分からないことがよく言われますが、二人には明確な上下関係があるのです。
『働いて収入を得る男性』『その収入で生活する女』という関係なんですから、
基本的に女性は『男性の言いなりでなければならない』となるでしょう。

ですので女性にとって結婚とは『家政婦になること』これを理解することです。
また冒頭でも書いた通り『男性は家政婦を求めている』となりますので、それは忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク


ですが、ここで疑問となるのが、ならばなぜ男性は『本物の家政婦を雇わないのか』ということですよね。
結婚して法的に一人を養うことや、
子供などができてしまって責任や負担が増えることを考えれば『家政婦を雇った方が絶対的に安い』となるでしょう。

実際に家政婦の方が『切りたい時に切れる』というメリットもありますし、結婚とは比べ物にならないくらいに使える存在です。
それでも結婚する理由って『結婚という関係性』なんです。

家政婦の場合、どうしても他人を家に入れるということになりますので、
そうなれば『重要な情報を持ち出されたり、家を荒らされる可能性がある』となるでしょう。

さすがに男性も、いくら家政婦の方が割安だからといっても、『それは避けたい』となるのです。
その点結婚してしまえば『殆どの情報は共有』『家を荒らす心配もない』となるため、それが結婚の唯一のメリットと言えるでしょう。

ですがほとんどの男性は『家政婦さえも要らない』と考えています。つまりこれは『結婚などしないで一人で暮らした方が安い』ということ。
結局のところ、何が最も金がかからないかと考えた時には『結婚しないこと・子供など作らないこと』となりますので、
最終的には家政婦も要らないとなるのです^^
ですので女性も『家政婦としても結婚できない』ということを理解して、一人で生きることも視野に入れておきましょう。


今の時代、結婚というのは難しいでしょう。
上述した通り男性には100%メリットがないのが結婚であり、むしろ『デメリットの塊』でしかありませんから、それでは誰も結婚などしません。

男性が結婚に積極的になるためには『法改正』これが必要です。現行のままでは結婚離れは加速する一方です。
『結婚による責任』『子供ができた時の責任』これらから解き放たれれば結婚にも前向きになります。
とはいえ、今すぐに変わるものではないでしょうから、女性も強く生きるようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6