トップへ戻る

年下に本気にならないこと

年下に本気にならないこと

年下に本気にならないこと

女性は『年下の男には本気にならない』という心掛けが大切になります。
1歳〜2歳年下ならばまだいいですが、
それが4歳以上年下ならば『真剣に付き合う対象ではない』ということを理解しましょう。

というのも、女性ならば4歳年上の男性というのは『離れている』『おじさんだ』という印象がないでしょうが、
男性にとって4歳年上の女とは、完全におばさんなんです。
そのため、交際をしてもそれは一時的な火遊びであり、真剣交際ではありません。

スポンサーリンク


20歳前後の、いわゆる年上に興味を持つ時期ならば付き合ってしまう男性もいますが、
一般的にそれは感覚がおかしくなっているだけで、実際のところ男性は若い女性が好きですから、
4歳も年上の女性と何年も付き合ったら、
『おばさんだ』『自分は何でこんなのと付き合っているんだろう』と思うだけとなり、
何とかして別れることを考えますので、結局は無理な組み合わせなんです。

その証拠に『年下の旦那を持つ女性は精神的な苦労が絶えない』と言います。
これは色々な捉え方ができますが、『若い女に取られる』という不安や『私はおばさんだ』という焦りもあるでしょう。

年下の男性と結婚した場合、一生この不安を抱えながら生きる必要がありますので、
『年下は遊び』と女性自身が理解して、絶対に本気にはならないようにしましょう。

例えば、ものすごく美人な40歳という女性でも、真剣交際となると年下の男性は考えます。
男性が35歳の場合、『体の関係は全然良いが、結婚となると…』と悩みますし、
現実的なことを考えればアウトでしょう。

35歳の男性ならば20歳代の女性と交際できますし、
頑張れば20歳前後の女性と結婚することだってできる訳です。

それなのに、どうして自分よりも年上のおばさんと結婚しなければならないのかとなるでしょうから、
どれだけ魅力的でも冷静になり、現実的になるものです。

従って、期待などしたらダメですし、大切なことは女性が遊ぶことです。
『真剣交際や結婚など考えずに男を遊ぶ』こんな格好良い女性になれれば年下と関係を持てます。

男性も、真面に付き合わないでいいのならば年上女性は楽しい相手ですから、
男性が警戒しないで済む女性になりましょう。


男性は本能的に若い女性を求めるため、『年上の女』というのは本来あり得ないのです。
現在のように、本能だけではない環境だからこそ逆年の差結婚もありますが、基本的には稀な形です。

それでも最近では『年下の男性と結婚する女』が増えていますので、
『私にもチャンスがある』と思う女性もいるでしょう。

ですが、そういう女性はその時は良くても、数年後に地獄が訪れます。
男性は、最初こそ我慢しますが、おばさんとの生活など続くはずがないのです。
これが現実ですから、真剣交際を考えるのならば年上を選んで、堅実な結婚をしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6