トップへ戻る

子供はペットと同じ?

子供はペットと同じ?

子供はペットと同じ?

近年の男性は子供を望まない訳ですが、その理由の一つに『子供はペットと同じ感覚だから』というものがあるのです。
本来人間の子供とペットって違いますよね。人間の子供というのはあくまで人間であり動物ではありません。

また人間ですから『躾ける』ということに関しても、動物とは少々違う部分があるでしょう。
とはいえ動物も『家族と一緒』という捉え方があるため、『どう違うのか?』というと難しいところかもしれませんが、
厳密に言えば人間の子供とペットは違うと考えるべきです。

ところが近年の場合『人間の子供も動物のペットも変わらない』このように捉えている男性が増えているのです(2014年現在)
というのもこれは、『近年の親は自分の子供を無意識にペットと同じ扱いをしている』ということがあるため、
だからこそ周囲の人間までもがそう思うようになってしまったのです。

スポンサーリンク


例えば一昔前ならば『子供が悪いことをしたら怒る・その人物に親が謝る』これが常識でしたよね。
しかし近年の親は『子供に叱らない・その人物のことなど無視』こうなっているでしょう。

つまりは『子供に怒ることもしなければ、自分が頭を下げることもしたくない』ということ。
これをしてしまうと何が問題かというと、『その子供も将来そうなる』という訳です。

これってつまり親の意識が低いことが原因な訳ですが、これが『子供をペットと思っているから』ということでしょう。
人間だと思っているのならシッカリ注意するでしょうし、その子供が将来ダメ人間にならないためにも親が見本を見せるはずです。

ですがそれが動物ならば、『そこまでしても仕方がない』という考え方があっても不思議ではありませんよね。
もちろん動物が人間に危害を加えたのならば、その時は謝罪する必要がありますし、その動物も処分されることにはなりますが、
それでも人間と動物とでは法的な扱いも異なるため、どうしても意識が違うのでしょう。

近年の場合、『子供というのは人間ではない』このように思っている人が多いため、だからこそ子供を望まないという人も多いのです。
ですので、『時代が変わらない限り少子化も改善されない』こんなこともありますので、女性もそれは受け入れておきましょう。


男性としては『この時代に子供など持つ気にはなれない』と思っているのです。というのも、男性としては子供を持つメリットがないのです。
『子供を持つ=責任の塊』これが現状ですし、そもそもペットと同じだと思っているもののために人生を棒に振うことはできないでしょう。

時代を変えるために大切なことは『子供がペットではなくなること』これが重要なんです。
一人が一人がしっかり意識と自覚を持って、親としての責任を持つこと。

これがあって初めて少子化は改善されますので、近年のように『子供対策』が豊富にされている時代であっても、
根本的なところが改善されない以上、それは裏目に出るということを理解しましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6