トップへ戻る

男性の子供に対する考え方

男性の子供に対する考え方

男性の子供に対する考え方

男性というのは子供というものをどう考えているのか?
近年は『結婚しなくていい』『子供を作らなくていい』という時代ですから、
そうなれば増々男性は『ありのままに生きる』となる訳です(2014年現在)

男性って元々、『一生やりたいことがある』『目標がある』というものであって、
それでも結婚してしまうのは『女性が望むから』ということなんです。
つまりは『女性が結婚を望んだため、一時的に頭がどうかして結婚してしまった』ということ。
要するに本来ならば『結婚などしないで自分のやりたいことを貫き通したい』これが男性の考え方なのです。

例えば男性の場合『何歳になっても夢を諦めていない』ということがありますよね。
周りからすれば『どう考えても無理』という年齢や技術であるにもかかわらず、
『自分には可能性がある』と信じてそれを追いかけ続けていたりするでしょう。

スポンサーリンク


『プロ野球のトライアウト』こういうのが良い例なのでは?
プロ野球選手を目指していた、こういう男性は多いですが、実際になれるのは一握りですから、殆どが社会人になるに連れてそれを諦めて、
一定の年齢になったら結婚をして子供を作ってと、そのまま年を取っていくという人生でしょう。

ですが人によっては『子供がある程度の年齢になったら現在の会社を辞めて自分のやりたいことをやる』という人もいるのでは?
例えば子供たちに野球を教えたいと考えたり、昔やっていたことをまた始めるなどのように、
男性って結局のところ『夢を諦められないようにできている』というものなんです。

プロ野球のトライアウトに関しても、『この歳で』という人だっていますから、そう考えれば男性の人生には『家庭は不要』となります。
ですので男性って『時代や女性という存在さえいなければ、一生自分のための人生を生き続ける』となるのです。
従って本来ならば、それを支えられる女性が求められますので、『子供などいらない』というこの時代だからこそ、
そんな女性になって一緒に夢を実現させてあげましょう。


女性の場合、本能的に子供を求めますが、男性の本能というのは時代や社会状況に翻弄されてしまうため、
近年のように『子供を作ったらかなりの責任が圧し掛かる』『男性には結婚にメリットがない』『日本では一人の女性としか結婚できない』
というデメリットの塊では、当然『子供はいらない』という結論に達します。

従ってこれは女性が受け入れるべきことで、女性も『子供など作らないで自分の人生を楽しむ』とすることが大切なんです。
そうやって考えることができたのならば、男女関係というのは大きく発展しますから、
『結婚や子供が全てではない』これを受け入れて、新しい生き方を選択しましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6