トップへ戻る

男性は女性を送りたいもの?

男性は女性を送りたいもの?

男性は女性を送りたいもの?

男性というのは『女性を送りたいものなのか?』
交際中の女性が相手ならば『送りたいかどうか』以前に『送るべき』という気持ちを持つ男性は多いです。

帰りに何かあったら心配だと思うこともありますから、その結果送る男性が多いでしょう。
一方で『相手が彼女でも送らない』という男性もいますので、全ての男性が送るということでもありません。
このように考えれば『男性は、別に女性を送りたい訳ではない』ということが分かるでしょう。

というのも『人を家まで送る』普通に考えれば単純に面倒くさいことでしょう。
相手が大切な人間ならば送る可能性は高まりますが、そうではない場合、『別にいい』『冗談じゃない』となることが一般的なんです。
その証拠に『同性の友達ならば、送ることはまずない』というのが普通のはず。

スポンサーリンク


同性なのに、『心配だから送っていく』となったら気持ち悪いでしょうし、女性同士でも『何で?』と思うのでは。
このように考えても『送る』というのは特殊な状況ですから、一般的には交際相手限定であることを理解しましょう。

しかしながら、『付き合っていなくても送ることはある』というのが現状ですよね。
女性ならば、男性に送ってもらうことが多々あるのではないでしょうか?

それも、男性の方から送ると言って来ることもあるでしょうし、状況は様々のはずです。
ですが付き合っていない場合、『送りたいとは思っていない』というのが男性の本音です。

『女性から頼まれて仕方なく送った』『その場の雰囲気で送ると言ってしまった』こういうことが殆どで、
送りたくて送る状況というのは『その女性のことが気になっている』という場合のみです。

ですので女性は『男性は女性を送りたいもの』とは思わない方がいいです。
そうやって捉えてしまうとそれは勘違いとなりますので注意しましょう。

基本的には送りたくないことが普通ですから、そのつもりで女性も関わること。
そもそも、『どれだけ遅くなっても自分で帰ること』これが常識でしょう。

特に男女は平等ですし、『遅くなる度に女性を送る』では男性ばかりが負担になる社会になってしまいます。
そうなってはいけませんので、『男性は送りたくない』これをしっかり理解して、どうしてもという時以外は頼らないようにしましょう。


女性だって、『どうでもいい男性から何かを頼まれる』となったら面倒くさいですよね。
人の世話を焼きたい人もいるでしょうが、人の世話で忙しくなってしまったら、何れは苦痛になるはずです。

だからこそ、最初に断ることが大切になってきます。男性も同じ考え方で『美人であり、しかも同じ方向ならば送ってもいい』と思っています。
ですが一人送れば他にも現れますし、また一度では済まなくなります。

そうなってしまうと『送るために車で来ている』となってしまうため、結果的に苦痛になるのです。だから男性は慎重になります。
『送ってもらうのならばお礼をする』これも重要ですから、単純に面倒だとは思わせないように工夫してみましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6