トップへ戻る

好きではないと言われたら

好きではないと言われたら

好きではないと言われたら

『体の関係を持ったが好きではないと言われる』こんな状況もありますよね。
好きではないと言われたらどうするべきか?女性にとってこれは難しいところでしょう。

その男性を既に好きになっていたら
『頑張る』『時間が経てば好きになってくれるかも』という考え方もあるかもしれません。

ですがこの場合、完全に遊ばれてしまう危険性もあるため注意が必要でしょう。
何がベストかは状況によりますが、好きではないと言われたら、基本的には離れることです。

『その男性とはもう会わない』これが理想的な解決策ですから、
関係を持ってしまったことは良い想い出や経験として割り切って、次に進むようにしましょう。

スポンサーリンク


・男性の心理
そもそも、好きではないと言う男性の心理とはどんなものなのか?
『いい感じになり体の関係を持った』女性ならば『きっと私を好きだからこその行為だろう』と捉えるでしょう。

ですが男性は『そうではない』これが一般的なんです。というのも男は、気持ちと欲求は完全に別です。
気持ちというのは徐々に育ったり、あるいは急激に燃え上がったりするものですが、
欲求は一時的な行動に過ぎないのです。

例えば『遭難して何日も食べていない』という状態ならば、
普段は決して食べないものでも手に取ってしまうでしょう。

男の欲求とはこのようなものです。ですので、女性もそこは理解するべきです。
『関係を持った=好き』これは間違いですから、
好きではないと言われた場合でも、騙されたとは思わないようにしましょう。


・どうすることがベスト?
とはいえ、女性ならば好きな人としたいと考えるのが普通ですよね。
それを実現するにはどうしたらいいのか?これに関しては『絶対』はありません。

そのため大切なことは『自分が相手を好きになること』です。
というのも、相思相愛でなくても、自分が好きならば後悔はないのでは?

付き合うことを目的にするからおかしくなってしまう訳で、『好きだ』という気持ちに酔ってしまえばいいんです。
そうすれば、『関係を持ったのに好きではないと言われた』これに傷付くことはありません。

恋愛をする際に大切なのは求めないことです。
考え方次第で自分が楽になりますから、後悔しないように行動しましょう。


『自分が好きだからする』この気持ちが大切です。
また『好き同士だからするもの』という間違った常識を持たないべきです。

女性の中ではそれが常識かもしれませんが、男性は違います。
それを理解していないからこそ好きではないと言われてしまうのです。

全てが自己責任の上に成り立っています。
その先どうなっても後悔しない相手とのみ関係を持つようにする、これが、自分を大切にするということです。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6