トップへ戻る

弱い女がモテない理由

弱い女がモテない理由

弱い女がモテない理由

『私は弱い女』『さみしがり屋』と自分で認めてしまっている女性もいますし、
『弱い方が男には大切にされる』と捉える女性もいるでしょう。

例えば『私が大変そうにしていたら手伝うのが当然』『私が弱っていたら助けるのが当然』という考え方。
なんでも自分で頑張ろうというタイプではなく、
『人に頼る』が基本姿勢の女性ということですが、これは嫌われる傾向にありますので注意した方がいいです。

人間は基本的に、弱さを見せられることを嫌います。
どんな人でも楽しいことには積極的ですが、
そうではないことに関しては『面倒くさい』と思うことが普通なのです。

スポンサーリンク


例えば『いつも愚痴ばかりの人』や『自分の悩みをずっと言っている人』というのもいますが、
それを根気よく聞いてくれる人はまずいませんよね。

カウンセラーでも、同じような愚痴や悩みをずっと聞き続けるということはせず、
何らかの方向に持っていくことをしますので、これをしてくれる人など普通はいないのです。

またマイナスの話ではなくても『同じことを何度も聞かされる』これも苦痛なものです。
例えば、『将来はこうやって成功する』という話でも、会う度に聞かされると面倒くさくなるはずです。

このようにプラスの話でもダメなものもあるのですから、
『マイナスの話を受け入れるはず』という発想は極めて大きな勘違いといえます。

女性によっては『それを聞かないということは愛情がない』と処理するでしょう。
しかし、裏を返せば『彼氏にそんな思いをさせているあなたこそ愛情がない』とも言えます。

自分が同じように、愚痴や悩みを延々と聞かされたらどうでしょうか?
きっとこのタイプの人は5分と持たず面倒くさくなるはずです。

『自分が話したい』この欲求が強すぎるからこそダメなんです。
それは弱さを示していますので、『話したい』という気持ちが強い時には気を付けた方がいいでしょう。

こういう人は『人に頼らない』という訓練をした方がいいです。
『彼氏は聞くのが当然』『どうして大切にしないの?』と全てを相手のせいにしてしまうと成長できませんから、
不安や悩み、嫌なことがあっても人に打ち明けない努力をすることです。

それをすることで大人になれます。
例えば、体の不調があってもすぐに話したりはせず、自分の中にだけしまっておくのです。
『話したところでどうにもならない』『自分の価値を下げるだけ』と考えるようにしましょう。


それでも、話したい欲求が我慢できない人は、
嫌われるまで続けることで相手に期待しない状態を作ることも一つです。

愚痴や不安を続けていればそのうち聞いてくれなくなりますから、
それによって自分も『この人は頼りにならない』と感じるはずです。
これは最終手段ですが、こんな方法もありますので、弱さから卒業しましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6