トップへ戻る

現代男性が女性を養いたくない理由

現代男性が女性を養いたくない理由

現代男性が女性を養いたくない理由

日本では『男性が女性を養う』が一般的でしたよね(2014年現在)
『でした』というのは、近年ではこの傾向は崩れ出してきており、
『必ずしも男が養うものではない』という形が定着しつつあるからです。

これについては不満を持つ女性もいるでしょうが、時代の変化であるため受け入れるしかないでしょう。
そもそも女性としては『ずっと続いてきた男が養うという形がなぜ崩れたのか』ということが気になるでしょう。

ですが男性としては、『なぜ男が養ってきたのか』ということが疑問ですから、
まずはそこから考える必要があります。

スポンサーリンク


男性が女性を養ってきた理由、これは、日本が男尊女卑の国だったからです。
社会的な身分の違いが明確化されており、また収入も断然男性が上で、
女性は働くことさえ難しいという時代が長らく続いていたこと、これが主な原因です。

恋愛や結婚は、その時代の政治や社会情勢が大きく影響します。
例えば職場環境が男性優位ならば、それはそのまま男性が主導する恋愛、
つまり『レディーファースト』だったり、『養う』という形になってきます。

また女性としても、男性に養ってもらうことでやっと生活できたというのが現状でしたから、
その時代ではそれが普通であり、国の形ともいえたはずです。

一定の年齢になったら『男は就職』『女は結婚』これが常識であり、
現在のように、『何もしないでいる』ということなど受け入れられない時代でしたから、
『収入が多い男性が養う』『女性は生活できないから仕方がない』これに疑問を持つ人はいなかったわけです。

ところが現在の場合、女性の社会進出が進み、
また権利も主張されるようになりましたし、なにより収入に差が無くなりました。

恋愛は常に時代の流れとイコールしますから、
そうなれば『収入がある女性を養う必要はない』と考えられるのが一般的なのです。

もちろん全ての女性が生活できるだけの収入がある訳ではありませんが、これは男も同じです。
『強いものだけが生き残る』これが社会の仕組みですからそこは仕方ありませんので、
『社会進出を成し遂げた代償』と捉えて、養ってもらうことは諦めるようにしましょう。


現在の男性は、『女を養う』ということに強い疑問を感じています。
これは当然のことで、時代が変わったからこそ男性の考え方や感じ方も変化したのです。

従って、女性が変わる必要があります。
『男女は平等だが養うべき』と訴えたらわがままになりますし、そもそも矛盾が生じます。
平等ならば『どちらかが養う』という考え方そのものが生まれないはずですから、そこを理解しましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6