トップへ戻る

端数まで割り勘は当たり前

端数まで割り勘は当たり前

端数まで割り勘は当たり前

『端数まで割り勘にする男はケチ・対象外』こんなことを言う女もいますが、
これのどこがケチであり、どこがおかしいと言うのでしょうか?

そもそも『男の方が多く出すべき』という考え方自体が間違っているのです。
男女は平等なのですから、『男性が女性に奢る』というのは論外ですし、
奢らなくても多く出すということも、やはり受け入れられません。

この問題になると『男の方がたくさん食べているから』という女性がいますが、
それならば初めから、『それぞれの分を別々に注文』『支払いは完全に別』とすればいいのです。

スポンサーリンク


まとめて支払うのではなく、レジで別会計にしてもらえばいいのですから、
『端数まで割り勘はケチ』と間違ったことを言うくらいならば、自分がしっかりするようにしましょう。

『奢ってもらうことが前提』『奢ってもらえると思っている』これがNGです。
女性は男性と食事に行くと『男が出すもの』と考えたり、
そこまではいかなくても『出してくれるだろう』と期待することが多いでしょう。

ですが、これもおかしなことです。どうして男が出してくれるという前提になっているのでしょうか?
男性は女性の財布係りではありません。

また男性が誘ったとしても、男はあくまで『女性も同意の上で飲みに来た』と捉えますから、
奢る気など全くないのです。

また現在の男性は『そもそも奢る意味が分からない』と感じている人も多いです(2014年現在)
一昔前のように、男が出すことが当たり前だった世代ならばまだ理解できますが、
そうではない場合、そういう習慣がありませんから、変な期待はしないようにして、真面になることが大切です。


男からすれば『女はバカが多い』となります。
『何もしていないのに男が出してくれると思っている』こんなバカが多いのです。

そんなことあるわけないでしょう。
女性というのはそこまで価値のある者ではありませんので、そういうことを理解しましょう。

『いるだけで男が頑張る』『私といるだけで幸せなはず』こんな風に考える女性もいますがそれは大きな間違いです。
女性は、体を許して初めて評価されます。
勘違い女出は相手にされませんので、常識的なことを理解できる人になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6