トップへ戻る

求められることに満足しないこと

求められることに満足しないこと

求められることに満足しないこと

『たくさんの男性に求められることに幸せを感じる・満たされていると思える』こんな女性もいるでしょう。
例えば結婚していても『旦那以外の男性にも求められたい』と思うなど、
つまり『一人では満足できない』『関わる男はすべて私に興味津々であるべき』と思う女性、
このような人もたくさんいますが、こういう性格だとどん底に落ちることになりますので、早めに改善した方がいいです。

女性にはお姫様願望がありますので、誰でも多少は『大勢の異性から求められたい』という欲求を持っています。
そのため、普通のレベルならば全く問題ありませんが、それが過ぎてしまうと大きな問題に発展するのです。

例えば上述した『旦那がいるのに一人では満足できない』という状態。
これはかなり深刻で、捉え方によっては旦那のことを愛していないとなります。

スポンサーリンク


結婚でさえ『自分が満たされるための形』『自分の計画や幸せのための通過点』であり、
本当に好きな男性や気になる人は別にいるということ、こんな女性もいる訳です。

またこれは、自分では気付いていないこともあります。
つまり、旦那のことを好きだと思っていても、
本当は『私をもっと見つめて欲しい』と思っている異性のことが気になっており、
旦那は単なる飾りに過ぎないということもあり得るのです。

ですが男性は、基本的に既婚者の女性になど興味を持ちません。
結婚した時点で女ではないと捉える男性も多いですから、そうなれば相手になどしてもらえるはずがないでしょう。

女性は『結婚しても男から求められたい』と考えますが、基本的にそれは無理なんです。
例えば『結婚した途端男友達と疎遠になった』こんな人もいるはずです。

連絡がつかない訳ではないが、『久しぶりに会おう』と何度連絡しても、いつも断られてしまうという状況。
これは男性としては『既婚者と会っても意味がない』ということからです。

結婚した時点で人のものですし、そもそも魅力はありません。
そのため、そこにかける時間というのはとてももったいないため、だからこそ断るのです。

このようなことから、『全ての男性に求められたい』という考え方だと何れ誰もいなくなります。
女性は一途になれることが大切ですし、一途になることで幸せになれます。

これを理解することが大切ですから、求められたいなどと言う感情は捨てて、
たった一人の男性に満たされるようにしましょう。


多くの男を求める女性を『貞操観念がない』と言います。
だからこそ最終的には孤独になる訳で、人生さえも失敗したまま終わってしまうのです。

そういうことが分かっている女性は、いつでも一人を愛し通します。
男女では恋愛や異性に対する常識が異なります。
男性には許されても女性には許されないことがたくさんありますので、しっかり考えるようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6