トップへ戻る

『この男性は親友』は勘違い

『この男性は親友』は勘違い

『この男性は親友』は勘違い

女性の中には『この男性は親友』と、親しい男性のことを完全に信用している人がいますよね。
そのため親友の男性とは『お互いの家に泊まり合う』『一緒に旅行に行く』『一緒に温泉に入る』などのように、
完全に性別を忘れた付き合いをしていることもあるでしょう。

女性によっては『同じベッドで寝ても平気』『お互いに裸でも何も起こらない』と思っているのでは?
しかし、これは女性の勝手な考え方に過ぎません。

男性は、その女性が生理的に受け付けない、いわゆる論外な女でない限り、
基本的には『やりたい』と思います。

スポンサーリンク


そのため二人きりだったり、同じベッドで寝る、お互いに裸という状況になればすることをするのが普通です。
そこで何も起こらなかったら上述したように論外なのか、または単純に我慢しているだけです。

『ここで手を出したら関係が崩れるから』と我慢しているだけで、
『どんな状況になっても男女の仲になるのはあり得ない相手』
ということではありませんのでそれは理解しておきましょう。

その証拠に『親友だと思った男性が手を出してきた』『告白された』となり、
『そんな人だと思わなかった』とショックを受ける人がいますよね。


しかしこういう話を聞くと男性は『お前がいけないんだよ』と女性を責めたくなります。
特に女性の言動は『男性を誘っている』と捉えられることがありますから、したくなってしまうことが多いのです。

当然強引にすることは良くありませんが、『関係を持ちたい』という気持ちになれば、
その女性が親友でも徐々に距離を縮めたり、少しずつボディータッチを増やすようにはなってしまうでしょう。

従って、信用し過ぎるのは考えようです。
結局は男と女ですから、『いつどう発展しても不思議ではない』と考えておくべきです。

例えば『親友だから』という理由で男性の家に泊まるのなら、
『男女の仲になってもいい』という心構えが必要です。

これを言うと女性は『何で?』となり分からないようですが、男性は『女と一緒に泊まる=関係を持つ』なんです。
従ってその気がないなら親友でも泊まらないことです。

全てが女性の都合で回っている訳ではありませんので、『男性はどう感じるか』ということも考える必要があります。
基本的に男性は『女性がいたらしたいと思う』となりますので、
それを十分に理解した上で男性と接するようにしましょう。


女性は『好きにならないとしない』『どれだけ一緒にいても好きじゃなかったらしないのが当然』
と思っているでしょう。

しかし、この時点で間違っていますし女性の勘違いなんです。
体の関係を持つことに好きかどうかなど関係ありません。

重要なことは『男女かどうか』ということですし、また『それが可能な状況か』ということです。
男女が二人いて、客観的に見て関係を持っても不思議ではない状況ならば気持ちなど関係ありません。
これを理解していないと大変なことになりますので、自分を守るためにもしっかり理解しましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6