トップへ戻る

男性は純粋な女友達など作らない

男性は純粋な女友達など作らない

男性は純粋な女友達など作らない

『男女の友情は成立する』女性の中にはこのように考える人もいますよね。
純粋な男女の友達で、当然体の関係をもつ訳でなく、またどちらかに恋人がいても、
またはいなくてもずっと友達でいられる関係。

こんな男女の友情が成立すると思っている女性もいるのではないでしょうか?
しかし、これは『ほぼ女性の理想と妄想に近い』となりますので注意しましょう。

というのも、純粋な男女の友情というのは、女性にはメリットがあっても、男性にはメリットがないのです。
女性の場合『話を聞いてもらえる』『彼氏には言えないこともOK』という最大のメリットがあるでしょう。

スポンサーリンク


女性は『話したい』という欲求が強いですから、
そうなれば、『異性で体の関係がない相手』というのはかなり都合がいいはずです。

というのも、体の関係がなければ男性は求めてきますので、
そうなればどんな話でも真剣に聞いてくれる相手となります。

彼氏の場合、体の関係が既にあるからこそ面倒くさい話は聞いてもらえない訳で、
そういう意味で友達というのは、『とても都合がいい』となる訳です。

ですが男性にとっては、当然メリットのない相手となります。
男性の場合『関係が持てるかどうか』これが重要になりますし、
また『もしかしたらできるかもしれない』という欲求があると色々してしまうため、
その結果、聞きたくない話も聞いてしまうのです。

『関係が持てない』『聞き役にされる』これではデメリットしかないでしょう。
男女の友情とは、このように男女で全く違う考え方になっているのです。

そのため、女性が良いと思っても男性にとっては無意味な存在となりますので、
それは十分に理解しておきましょう。


ですが、これが『肉体関係ありの友達』だったのならば話は変わってきます。
そうなれば、男女どちらにとってもメリットがありますから、本当の意味での親友になれるでしょう。

男性は『体の関係を持ちたいから話を聞く』となりますし、女性も話を聞いてほしいから関係を持つとなるでしょう。
このように、お互いの欲求を叶えられる関係ならば長続きしますので、それを作ることが大切です。

『ただの聞き役』これになりたい人などいないのですから、それを十分に理解することが大切です。
さらに言えば、『肉体関係ありの友達』この形が本当は理想なんです。

交際よりも遥かに信頼できる形ですから、これを目指すことも大切です。
交際の場合、『気持ちがあるからできないこと』これが多いですが、
友達ならば無駄に気を使い過ぎることはありません。

従って、新しい男女の形として『肉体関係ありの友達』これを受け入れてみることもありだと考えてみましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6