トップへ戻る

男性が下ネタを言わなかったらヤバいと思うこと

男性が下ネタを言わなかったらヤバいと思うこと

男性が下ネタを言わなかったらヤバいと思うこと

学校、職場はもちろん、飲み会や会議中でも、日常的などんな場面でも、男性と関わっているのに、
誰一人下ネタを言って来る人がいないとなったらヤバいと思うべきです。

『誰からも下ネタを言われない』これはつまり、魅力がないということです。
女性は『下ネタ=迷惑』と捉えますが、実際にはありがたいことなんです。

下ネタというのは紛れもなく女性への評価ですから、
『言われる女性は魅力がある』『言われない女性はブス』と考えることができます。

どんな男性からでも、ブスとは思われたくないでしょう。
従って、男性が下ネタを言ってくれた時には、男性が満足する対応を心掛けましょう。

スポンサーリンク


男性が下ネタを言わない理由はいくつかあります。
『その女がブス』『その女の反応が気に入らない』『言わせない態度をしている』というもので、
これらがある女というのは結局モテません。

というのも、下ネタも言わせない女というのは、どう捉えても外見が良くは見えないのです。
男性が下ネタを言った途端にブスッとしますから、そんな女がいい女に見える訳もなく、だからこそ嫌われますし、
また男性も『こんな女に言ってあげても仕方がない』となる訳です。

女性だって、男性に『格好良い』と言ったのに不快な顔をされたら、二度と言わなくなりますよね。
これと同じことだと捉えるべきです。

男性は、『可愛い』とは言ってくれません。ですが下ネタというのは、それと同じくらいの意味があります。
『可愛いからこそ下ネタを言って反応を楽しみたい』これが男性の心理ですから、
女性は『言われたからには応える義務がある』と捉えて、男性が楽しめるようにしっかり対応しましょう。

では、どんな対応が理想的なのかということですが、これには『やり過ぎてはダメ』ということがあります。
下ネタに慣れていない女の場合、『下品になってしまう』ということがあります。

具体的な単語を口にしたり、男性の顔色を窺わずに一方的に話すこともありますのでそれは止めましょう。
ですのでこういう時は『聞かれたことに答える』これに徹するのです。

例えば男性が胸のサイズを聞いてきたのならば
『そんなこと聞いてどうするの?』と言いながらもしっかり応えてあげます。
そうすれば男性は喜びますので、これができるいい女になりましょう。


女性は下ネタを誤解しており、『卑猥なもの』と判断していますが、実際にはそんなことはありません。
むしろ、男女どちらもが楽しめるのが下ネタでしょう。

実際に女子会ならば、下ネタが飛び交っているのではないでしょうか?
それがなぜか、男に言われるのは不快というのですからおかしなものです。

言われなくなったらお終いですから、そうはならないことです。
言われる女ほど価値がありますので、それを理解しましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6