トップへ戻る

女性がデート代を負担するべき状況とは

女性がデート代を負担するべき状況とは

女性がデート代を負担するべき状況とは

デートといったら『男性が奢る』これが常識のようなところがありますよね。
現在はそこまでではないでしょうが、一昔前ならば『男が奢る』これは当たり前だったはずです。

従って、それができない男などNGどころではなく、『女性とデートする資格がない男』だったでしょう。
現在の場合は男性の考え方が完全に変わりましたから『割り勘も当たり前』となっていますが、
それでも女性は『奢ってくれたら嬉しい』こんな風に考えるのが普通でしょう(2014年現在)

ですがそれでも『女性がデート代を負担するべき状況』こんなものもあるのです。
女性の場合、デートをするのは『この男性とならば可能性がある』と感じた時でしょう。

スポンサーリンク


従って、曖昧な気持ちだったら普通は行きませんし、誘われても断りますよね。
ですが中には『気持ちをはっきりさせたいから行ってみる』こんな人もいるはずです。

このような女性は、『男性に失礼だからデート代を負担するべき』となりますので理解しておきましょう。
というのも男性は『女はデートを承諾した時点で可能性を持っている』このように考えています。

そのため、『気持ちがはっきりしないから取りあえずデートしてみる』こんな女性がいるとは思っていないのです。
これでは、男性にとっては単純な時間の無駄になることもありますし、
実際にデートしてみて『やっぱり違った』では完全に無駄であり、これはかなり失礼な行為となります。

従って、気持ちがはっきりしていない、こんな時は自己負担は当たり前ですし、
『男性の分を負担する』このくらいのことはするべきなんです。

女性の中には『デートしてあげている』こんな人もいますが、デートは承諾した時点で対等です。
そのため、期待させるだけさせておいて、実際には分からないというのならばマナーは守りましょう。

男性も、自分の分を負担されれば『はっきりしていないんだな』と身構えます。
男女関係ではこういうことも大切ですから、好きではないなら奢られないようにして、真面な女になりましょう。


『女は奢られることが当然』こんな風に思っている女性もいますが、これは確実に違います。
男性も奢りたいと思っている訳ではありませんから、そこは勘違いしないようにしましょう。

『人のために金を使いたい』こんな人はいないはずです。目的があるからこそ使うんです。
ですので、それに乗るのならばしっかり応えなければなりません。

できないのならば奢られないこと。
これが男女関係の鉄則ですから、
『男が勝手に奢ってくれるから』こんな薄汚い考え方は持たないように注意しましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6